調剤薬局で働きたい…資格は必要?

私は以前社会人として働きながら、通信講座を利用して調剤薬局事務の資格を取得しました。現在は運良く地元の調剤薬局で就職ができ充実した毎日を過ごしております。

これから調剤薬事務の資格を取得する方にひとつだけアドバイスするとしたら、調剤薬局事務や医療事務についての知識も大切ですが、何よりも、薬局へ来られる患者様とのコミュニケーション能力なども重要なスキルのひとつだということが言えます。しかし、これは勉強では身につかないものなので、調剤薬局事務の資格をどう活かしていくか、どういう調剤管理事務士になりたいのか、といことを考えながら、そういった視点から勉強をすすめると、今後の就職活動にも役立つと思いますよ(^^)

実際調剤薬局で働いてみると、資格よりもやはり実務で使うパソコンのスキルや事務処理能力が高い方の方が重宝されているように思います。もちろん資格を持ってることで、実務以外での専門知識も身につくので仕事の幅は確実に広がりますよ。

調剤薬局事務の給料は?

地域によって若干違いますが正社員だと手取りで約15〜20万円くらいが相場だと思います。
高卒、短大・専門学校、大学卒で給料が変わってきます。パートだと、約750円〜1000円くらいではないでしょうか。しかしパートでも薬の知識がかなり豊富になり、今後の人生の役に立つと思いますので、 正社員募集していないくてもアルバイトからコツコツやっていくのもいいかもしれません。
あと、資格の有無も給料に影響してきますので取っておくことをオススメ致します。

>>調剤薬局事務の資格をさらに詳しく知りたい方はこちら

調剤薬局勤務時間は?

病院などの外来受付が大体8:30〜9:00からなので、同じ時間のスタートになる所が多いと思います。終了は患者様の診断終わるまでなので、夕方5;30〜6:00くらいの所が多いと思います。遅い所だと20:00くらいまでやっている所もあります。

月末などの締め日には残業がある所が多々ある所が多いのでその辺は各薬局&病院に問い合わせてみるとよいでしょう。もちろんパートの場合はシフト制になりますので希望時間・病院によって変わってきます。時間に関しては特に苦なく働けると思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。
休日は基本病院が休みの時になりますので、日曜・祝日がメインになってきます。もちろん休憩もお昼一時間とってる所がほとんどなので、ゆっくりなランチTIME♪もできます。

調剤薬局事務の仕事内容は?

調剤薬局事務っていったい何をするのですか?

まずは、出勤して薬局の準備レジにお金をセットし、掃除をして患者さんの来る前にある程度美化に努めます。
薬局が空いたら患者さんが処方箋を持ってくるので、それを受け取りPCに入力後薬剤師さんがお薬を持ってくる間にお薬手帳にシールなどを張り、薬剤師さんにお渡しします。
薬剤師さんが患者さんにお薬の説明をして、お会計がある方にレジ操作をします。

そういう事の繰り返しなのですが、患者様の中には医師にはいわず薬局で薬の追加など言い出される事があったりして薬剤師さんが手一杯になることがあるので、そういった場合はサポートに回ります。

一ヶ月に一回レセプト作成っという作業があるのですが、決まった機関に調剤報酬の手続きをしないといけないのですがその時が残業だったりがある所があるみたいですが、今は電子レセになってえいるため昔に比べると大分楽になりました。

やりがいは薬剤師さんの仕事がスムーズにサポートできる、そういったことがやりがいになるでしょうか。人の役に立つのは嬉しいものです。

未経験でも大丈夫ですか?

未経験でもされてる方はたくさんいらしゃいます。

大体は先輩や事務員の方が指導して教えて下さいますが、資格を持っていると話が少しでもわかるので教えてもらった時の理解力が早いと思います。
あと、いざ働き出したら先輩・事務員の方がいなかった><なんてこともあるので、全く何も知らないよりは最低限資格を取っていったほうがよいでしょう。
通信講座では、処方箋の入力の仕方や用語の意味などもわかるので、勉強になると思います。あとは働き出して薬局で扱う薬品を覚えていくのがいいでしょう。

面接の時などは知識+その人の人柄も見られますのでどんなに勉強して知識があっても、落とされることもありますので面接の事も頭にいれて勉強に望みましょう!!

患者様とあうお仕事なので笑顔で元気よくがやっぱりいいですね。

こんな人におすすめです

簡単に技能を身につけたい人→調剤薬局事務は覚える幅もそんなに広くなく初心者でも取り組みやすいです。通信講座なら4ヶ月でいけることもあります。

出産や結婚した後でも仕事をやりたい方→正社員・パート社員・アルバイトなど勤務形態があり選びやすいので、あなたの都合にあわせた働き方をえらべます。

家事や仕事を両立して働きたい方→場所にもよりますが、パート勤務などにより週2〜3日や午前・午後だけなど、ライフスタイルにあわせた働き方ができます。全国何処でもあるので近場で見つけられる所もいいですよね。

接客(人と接する)ことが好きな方→患者さんと接しますので人と接する事が苦手な方は努力が必要です。患者さんの「ありがとう」を聞くとやりがいがでます。

医療事務の資格をもっている人→医療事務と調剤薬局事務の2つの資格をもっていると、仕事の幅も増え何処に行っても通用することができます。

薬の知識をつけたい方→薬の知識や薬に関する法律などを覚えれるため、学んだ事は我が家・自分の家庭に適用でき役立つとこができます。

通信講座はどうやって選べばいい?

調剤薬局事務の資格取得はそんなに難易度は高くありません。独学でも、合格レベルまでは十分手が届きます。
独学で調剤薬局事務の資格を勉強するなら、通信講座がおすすめです。いろいろなスクールが講座を開いてますので、資料請求などして、カリキュラムや金額など内容を比べてみると良いと思います。

ここで私からのアドバイスとしては、資料請求をして内容を見るっていっても実際、テキストが送られてくるわけではありませんから、確認しようがないですよね。

そういう時は、そのスクールで使用するテキストのサンプルなどがパンフレットに載っているので、例えば、文字の大きさはどうか、イラストや図など使われているかなどを見比べてみて、自分に合いそうだと思ったらそこを選べば良いのではないでしょうか。

>>一番安く調剤事務の資格をとる