« 2007年02月 | メイン

2007年03月06日

宅建 独学 勉強方法

全く新しい宅建勉強法!宅建合格インプリンティング

全く新しい宅建勉強法! 合格者続出!これからのスタンダードになるでしょう。 宅建関連読者数ナンバー1メルマガも発行しています。まだこれを知らない方は…かなり損をしているかもしれません。宅建合格インプリンティング !常識破り!驚きの宅建勉強法です。
分かりやすいマンション管理士テキスト

フォーサイトで目指そう!宅建合格!!

独立・開業型資格の人気No.1 まだ通信講座に高いお金を払いますか!?★充実の教材★高い合格率★なのに32,550円~の低価格!】◆考えてみてください、宅建講座に20万? もうボッタクリの会社には手を出すべきではありません! 低価格で本物の合格を!フォーサイトがお届けする通信講座のご案内。
宅建を通信教育で取得するなら資格のスクール フォーサイト

大学生・社会人にだってZ会がある!

Z会の通信教育キャリア開発コース。「通信教育のZ会」に大学生・社会人向けの講座があるのをご存知ですか?資格・試験対策講座の資料すぐにお届けします!
Z会の資格・試験対策講座

今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

勉強嫌いの人でもコツさえつかめば、難関国家試験に合格できるからおもしろい!もしも、週末を利用するだけですぐに成果のでる学習方法があるとしたら、 あなたはそのような学習方法・魔法の記憶術を知りたいですか? 週末・夏休み・冬休み・ゴールデンウィークを利用して友達に差をつけたい方! 必見です。
今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

宅地建物取引主任者(宅建)とは

宅建とは、正式名称を、「宅地建物取引主任者」といいます。宅建試験(宅地建物取引主任者試験)は数多くある資格試験の中でもとてもメジャーな資格試験であり、不動産関係の資格試験といえば、まず思い浮かぶのは宅建試験だといっていいでしょう。

不動産業(=宅地建物取引業)を開業するには、国土交通大臣又は都道府県知事の免許が必要となってます。その免許は、事務所ごとに従業員の20%以上が宅地建物取引主任者でないと受けることができません。つまり宅建資格(宅地建物取引主任者)は不動産業を行うためには、欠かすことのできない必須の資格といえます。

宅建に合格して宅地建物取引主任者ができる仕事、というよりも宅地建物取引主任者にしかできない仕事というのはいくつか規定されています。

・契約成立前に『重要事項(物件の法律で定められた項目)説明書』に記名押印すること(宅地建物取引業法35条書面)

・重要事項説明書を、物件を入手しようとする当事者に交付して説明すること。この説明は、契約するかしないかの判断材料となります。

・契約が成立したあと遅滞なく両当事者(売主・買主)に交付する契約書面(宅地建物取引業法37条書面)に記名押印すること。

これらはいずれも不動産取引をする上では欠かせない業務なので、それだけ宅建、宅地建物取引主任者の資格は重要といえます。不動産関係の仕事につきたいなら、まずは宅地建物取引業者試験で資格をとることを目指すといいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)の主な仕事

宅地建物取引主任者の仕事は、建物の売買や貸借・交換の代理、仲介をすることです。当然の事ながら業務の遂行にあたっては、不動産に関する幅広い法律知識と不動産を評価する正しい眼が必要となってきます。

また最も重要な業務とされているのは、「重要事項の説明」といわれるものです。これは契約が成立するまでのあいだに、取引の各当事者に取引物権や契約上の重要事項について書面 を交付して説明する仕事です。宅地建物取引主任者だけに許された業務であり、それ以外の者が代行することは出来ないのです。

業務報酬は取引仲介料として、取引の当事者から支払われます。

資格の主な活かし方としては、不動産関係の企業内で活躍するか、独立開業の武器にするかのいずれかです。不動産会社の社員がこの資格を取得すれば、取引業務の第一線で活躍することが可能です。また不動産業を開業する場合は、営業保証金として供託しなければならない資金や開設資金さえ準備できれば独立自体は比較的容易です。ただし、その前に十分な実務経験を積み、確実に顧客をつかんでからでなければ成功は難しいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)のメリット

宅建のメリットは、まず就職に強いということです。

不動産業界では必須の資格なので、宅建を持っているのと、持っていないとでは、全く違う結果になります。

もちろん、収入も違います。不動産業界でも、宅建を持っている場合は役職がつく場合が多いので、その分収入も上がります。住宅メーカーでは、入社2年以内に宅建を取得しなければ、今後の昇進が、難しくなるという企業もあるそうです。

資格を取得すると、お祝い金がもらえるところもあるので、宅建は早く取るに越した事はないでしょう。

宅建自体は、不動産に関する資格なのですが、試験の内容は、民法に関わる法律を扱うので、事務系の仕事においては、優遇される資格になっています。

実際に、宅建には、資格手当てを払っている企業もあるので、キャリアアップや、収入を上げたいという方にはお勧めの資格です。しかも、受験資格がなく、勉強の期間は、3ヶ月から6ヶ月ほどあれば充分なので、誰でも合格することが可能な資格です。

宅地建物取引主任者(宅建)試験概要

【受験資格】

年齢・性別・学歴等の制限は一切ありません。どなたでも受験できます。

【試験の日程】

・試験日……10月の第3日曜日
・合格発表…試験日より6週間経過した週の水曜日

【試験の基準・内容】

試験は、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有し、その知識が、 次の内容のおおむね全般に及んでいるかどうかを判定することに基準を置くものとします。 (試験の内容-宅地建物取引業法施行規則第8条)

(a) 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
(b) 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
(c) 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
(d) 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
(e) 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
(f) 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
(g) 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

ただし、宅地建物取引業法第16条第3項の規定による講習の課程を修了し、講習修了者証の交付を受けた者については、 同法施行規則第10条の5の規定により、(a)及び(e)に関する問題が免除されます。

【試験の方法】

筆記試験により行います。

【受験手数料】

手数料:7,000円

【お問い合わせ先】

財団法人 不動産適正取引推進機構
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目8番21号 第33森ビル3階
TEL:03-3435-8111 FAX:03-3435-7576

宅地建物取引主任者(宅建)合格率

宅建の合格率は、国家試験としては高いほうですが、それでも、15%を超える程度です。10人の内、1人か2人しか合格できていないということです。

◆過去のデータ(受験者数、合格者数、合格率)

年度 受験者数 合格者数 合格率(%)
平成元年
281,701 41,978 14.9
平成2年
342,111 44,149 12.9
平成3年
280,779 39,181 14.0
平成4年
223,700 35,733 16.0
平成5年
195,577 28,138 14.4
平成6年
201,542 30,500 15.1
平成7年
202,589 28,124 13.9
平成8年
197,168 29,065 14.7
平成9年
190,131 26,835 14.1
平成10年
179,713 24,930 13.9
平成11年
178,384 28,277 15.9
平成12年
168,094 25,928 15.4
平成13年
165,104 25,203 15.3
平成14年
169,657 29,423 17.3
平成15年
169,625 25,942 15.3
平成16年 173,457 27,639 15.9
平成17年 181,880 31,520 17.3

宅地建物取引主任者(宅建)試験に合格後

宅建試験に合格しただけでは、宅地建物取引主任者にはなれません。

まず、実務講習を受ける必要があります。講習費は、45000円。ただし、不動産関係の実務を2年以上経験している場合は免除になります。

次に、宅地建物取引主任者の資格登録を行います。これは、登録料として、37000円。一度登録すれば、一生有効になります。

その後、実際に仕事を行う際に必要な、主任者証をもらうために、主任者登録をします。この費用が、4500円。ただし、5年後との更新が必要です。

主任者登録をする場合に、宅建試験の合格から1年以上経っている場合は、法定講習を受ける義務が発生します。この費用は、11000円です。

主任者証を受け取ることで、はじめて、「宅地建物取引主任者」となります。

宅建 講座案内

全く新しい宅建勉強法!宅建合格インプリンティング

全く新しい宅建勉強法! 合格者続出!これからのスタンダードになるでしょう。 宅建関連読者数ナンバー1メルマガも発行しています。まだこれを知らない方は…かなり損をしているかもしれません。宅建合格インプリンティング !常識破り!驚きの宅建勉強法です。
分かりやすいマンション管理士テキスト

フォーサイトで目指そう!宅建合格!!

独立・開業型資格の人気No.1 まだ通信講座に高いお金を払いますか!?★充実の教材★高い合格率★なのに32,550円~の低価格!】◆考えてみてください、宅建講座に20万? もうボッタクリの会社には手を出すべきではありません! 低価格で本物の合格を!フォーサイトがお届けする通信講座のご案内。
宅建を通信教育で取得するなら資格のスクール フォーサイト

大学生・社会人にだってZ会がある!

Z会の通信教育キャリア開発コース。「通信教育のZ会」に大学生・社会人向けの講座があるのをご存知ですか?資格・試験対策講座の資料すぐにお届けします!
Z会の資格・試験対策講座

今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

勉強嫌いの人でもコツさえつかめば、難関国家試験に合格できるからおもしろい!もしも、週末を利用するだけですぐに成果のでる学習方法があるとしたら、 あなたはそのような学習方法・魔法の記憶術を知りたいですか? 週末・夏休み・冬休み・ゴールデンウィークを利用して友達に差をつけたい方! 必見です。
今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

宅地建物取引主任者(宅建)とは

宅建とは、正式名称を、「宅地建物取引主任者」といいます。宅建試験(宅地建物取引主任者試験)は数多くある資格試験の中でもとてもメジャーな資格試験であり、不動産関係の資格試験といえば、まず思い浮かぶのは宅建試験だといっていいでしょう。

不動産業(=宅地建物取引業)を開業するには、国土交通大臣又は都道府県知事の免許が必要となってます。その免許は、事務所ごとに従業員の20%以上が宅地建物取引主任者でないと受けることができません。つまり宅建資格(宅地建物取引主任者)は不動産業を行うためには、欠かすことのできない必須の資格といえます。

宅建に合格して宅地建物取引主任者ができる仕事、というよりも宅地建物取引主任者にしかできない仕事というのはいくつか規定されています。

・契約成立前に『重要事項(物件の法律で定められた項目)説明書』に記名押印すること(宅地建物取引業法35条書面)

・重要事項説明書を、物件を入手しようとする当事者に交付して説明すること。この説明は、契約するかしないかの判断材料となります。

・契約が成立したあと遅滞なく両当事者(売主・買主)に交付する契約書面(宅地建物取引業法37条書面)に記名押印すること。

これらはいずれも不動産取引をする上では欠かせない業務なので、それだけ宅建、宅地建物取引主任者の資格は重要といえます。不動産関係の仕事につきたいなら、まずは宅地建物取引業者試験で資格をとることを目指すといいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)の主な仕事

宅地建物取引主任者の仕事は、建物の売買や貸借・交換の代理、仲介をすることです。当然の事ながら業務の遂行にあたっては、不動産に関する幅広い法律知識と不動産を評価する正しい眼が必要となってきます。

また最も重要な業務とされているのは、「重要事項の説明」といわれるものです。これは契約が成立するまでのあいだに、取引の各当事者に取引物権や契約上の重要事項について書面 を交付して説明する仕事です。宅地建物取引主任者だけに許された業務であり、それ以外の者が代行することは出来ないのです。

業務報酬は取引仲介料として、取引の当事者から支払われます。

資格の主な活かし方としては、不動産関係の企業内で活躍するか、独立開業の武器にするかのいずれかです。不動産会社の社員がこの資格を取得すれば、取引業務の第一線で活躍することが可能です。また不動産業を開業する場合は、営業保証金として供託しなければならない資金や開設資金さえ準備できれば独立自体は比較的容易です。ただし、その前に十分な実務経験を積み、確実に顧客をつかんでからでなければ成功は難しいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)のメリット

宅建のメリットは、まず就職に強いということです。

不動産業界では必須の資格なので、宅建を持っているのと、持っていないとでは、全く違う結果になります。

もちろん、収入も違います。不動産業界でも、宅建を持っている場合は役職がつく場合が多いので、その分収入も上がります。住宅メーカーでは、入社2年以内に宅建を取得しなければ、今後の昇進が、難しくなるという企業もあるそうです。

資格を取得すると、お祝い金がもらえるところもあるので、宅建は早く取るに越した事はないでしょう。

宅建自体は、不動産に関する資格なのですが、試験の内容は、民法に関わる法律を扱うので、事務系の仕事においては、優遇される資格になっています。

実際に、宅建には、資格手当てを払っている企業もあるので、キャリアアップや、収入を上げたいという方にはお勧めの資格です。しかも、受験資格がなく、勉強の期間は、3ヶ月から6ヶ月ほどあれば充分なので、誰でも合格することが可能な資格です。

宅地建物取引主任者(宅建)試験概要

【受験資格】

年齢・性別・学歴等の制限は一切ありません。どなたでも受験できます。

【試験の日程】

・試験日……10月の第3日曜日
・合格発表…試験日より6週間経過した週の水曜日

【試験の基準・内容】

試験は、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有し、その知識が、 次の内容のおおむね全般に及んでいるかどうかを判定することに基準を置くものとします。 (試験の内容-宅地建物取引業法施行規則第8条)

(a) 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
(b) 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
(c) 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
(d) 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
(e) 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
(f) 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
(g) 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

ただし、宅地建物取引業法第16条第3項の規定による講習の課程を修了し、講習修了者証の交付を受けた者については、 同法施行規則第10条の5の規定により、(a)及び(e)に関する問題が免除されます。

【試験の方法】

筆記試験により行います。

【受験手数料】

手数料:7,000円

【お問い合わせ先】

財団法人 不動産適正取引推進機構
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目8番21号 第33森ビル3階
TEL:03-3435-8111 FAX:03-3435-7576

宅地建物取引主任者(宅建)合格率

宅建の合格率は、国家試験としては高いほうですが、それでも、15%を超える程度です。10人の内、1人か2人しか合格できていないということです。

◆過去のデータ(受験者数、合格者数、合格率)

年度 受験者数 合格者数 合格率(%)
平成元年
281,701 41,978 14.9
平成2年
342,111 44,149 12.9
平成3年
280,779 39,181 14.0
平成4年
223,700 35,733 16.0
平成5年
195,577 28,138 14.4
平成6年
201,542 30,500 15.1
平成7年
202,589 28,124 13.9
平成8年
197,168 29,065 14.7
平成9年
190,131 26,835 14.1
平成10年
179,713 24,930 13.9
平成11年
178,384 28,277 15.9
平成12年
168,094 25,928 15.4
平成13年
165,104 25,203 15.3
平成14年
169,657 29,423 17.3
平成15年
169,625 25,942 15.3
平成16年 173,457 27,639 15.9
平成17年 181,880 31,520 17.3

宅地建物取引主任者(宅建)試験に合格後

宅建試験に合格しただけでは、宅地建物取引主任者にはなれません。

まず、実務講習を受ける必要があります。講習費は、45000円。ただし、不動産関係の実務を2年以上経験している場合は免除になります。

次に、宅地建物取引主任者の資格登録を行います。これは、登録料として、37000円。一度登録すれば、一生有効になります。

その後、実際に仕事を行う際に必要な、主任者証をもらうために、主任者登録をします。この費用が、4500円。ただし、5年後との更新が必要です。

主任者登録をする場合に、宅建試験の合格から1年以上経っている場合は、法定講習を受ける義務が発生します。この費用は、11000円です。

主任者証を受け取ることで、はじめて、「宅地建物取引主任者」となります。

宅建 教材

全く新しい宅建勉強法!宅建合格インプリンティング

全く新しい宅建勉強法! 合格者続出!これからのスタンダードになるでしょう。 宅建関連読者数ナンバー1メルマガも発行しています。まだこれを知らない方は…かなり損をしているかもしれません。宅建合格インプリンティング !常識破り!驚きの宅建勉強法です。
分かりやすいマンション管理士テキスト

フォーサイトで目指そう!宅建合格!!

独立・開業型資格の人気No.1 まだ通信講座に高いお金を払いますか!?★充実の教材★高い合格率★なのに32,550円~の低価格!】◆考えてみてください、宅建講座に20万? もうボッタクリの会社には手を出すべきではありません! 低価格で本物の合格を!フォーサイトがお届けする通信講座のご案内。
宅建を通信教育で取得するなら資格のスクール フォーサイト

大学生・社会人にだってZ会がある!

Z会の通信教育キャリア開発コース。「通信教育のZ会」に大学生・社会人向けの講座があるのをご存知ですか?資格・試験対策講座の資料すぐにお届けします!
Z会の資格・試験対策講座

今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

勉強嫌いの人でもコツさえつかめば、難関国家試験に合格できるからおもしろい!もしも、週末を利用するだけですぐに成果のでる学習方法があるとしたら、 あなたはそのような学習方法・魔法の記憶術を知りたいですか? 週末・夏休み・冬休み・ゴールデンウィークを利用して友達に差をつけたい方! 必見です。
今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

宅地建物取引主任者(宅建)とは

宅建とは、正式名称を、「宅地建物取引主任者」といいます。宅建試験(宅地建物取引主任者試験)は数多くある資格試験の中でもとてもメジャーな資格試験であり、不動産関係の資格試験といえば、まず思い浮かぶのは宅建試験だといっていいでしょう。

不動産業(=宅地建物取引業)を開業するには、国土交通大臣又は都道府県知事の免許が必要となってます。その免許は、事務所ごとに従業員の20%以上が宅地建物取引主任者でないと受けることができません。つまり宅建資格(宅地建物取引主任者)は不動産業を行うためには、欠かすことのできない必須の資格といえます。

宅建に合格して宅地建物取引主任者ができる仕事、というよりも宅地建物取引主任者にしかできない仕事というのはいくつか規定されています。

・契約成立前に『重要事項(物件の法律で定められた項目)説明書』に記名押印すること(宅地建物取引業法35条書面)

・重要事項説明書を、物件を入手しようとする当事者に交付して説明すること。この説明は、契約するかしないかの判断材料となります。

・契約が成立したあと遅滞なく両当事者(売主・買主)に交付する契約書面(宅地建物取引業法37条書面)に記名押印すること。

これらはいずれも不動産取引をする上では欠かせない業務なので、それだけ宅建、宅地建物取引主任者の資格は重要といえます。不動産関係の仕事につきたいなら、まずは宅地建物取引業者試験で資格をとることを目指すといいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)の主な仕事

宅地建物取引主任者の仕事は、建物の売買や貸借・交換の代理、仲介をすることです。当然の事ながら業務の遂行にあたっては、不動産に関する幅広い法律知識と不動産を評価する正しい眼が必要となってきます。

また最も重要な業務とされているのは、「重要事項の説明」といわれるものです。これは契約が成立するまでのあいだに、取引の各当事者に取引物権や契約上の重要事項について書面 を交付して説明する仕事です。宅地建物取引主任者だけに許された業務であり、それ以外の者が代行することは出来ないのです。

業務報酬は取引仲介料として、取引の当事者から支払われます。

資格の主な活かし方としては、不動産関係の企業内で活躍するか、独立開業の武器にするかのいずれかです。不動産会社の社員がこの資格を取得すれば、取引業務の第一線で活躍することが可能です。また不動産業を開業する場合は、営業保証金として供託しなければならない資金や開設資金さえ準備できれば独立自体は比較的容易です。ただし、その前に十分な実務経験を積み、確実に顧客をつかんでからでなければ成功は難しいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)のメリット

宅建のメリットは、まず就職に強いということです。

不動産業界では必須の資格なので、宅建を持っているのと、持っていないとでは、全く違う結果になります。

もちろん、収入も違います。不動産業界でも、宅建を持っている場合は役職がつく場合が多いので、その分収入も上がります。住宅メーカーでは、入社2年以内に宅建を取得しなければ、今後の昇進が、難しくなるという企業もあるそうです。

資格を取得すると、お祝い金がもらえるところもあるので、宅建は早く取るに越した事はないでしょう。

宅建自体は、不動産に関する資格なのですが、試験の内容は、民法に関わる法律を扱うので、事務系の仕事においては、優遇される資格になっています。

実際に、宅建には、資格手当てを払っている企業もあるので、キャリアアップや、収入を上げたいという方にはお勧めの資格です。しかも、受験資格がなく、勉強の期間は、3ヶ月から6ヶ月ほどあれば充分なので、誰でも合格することが可能な資格です。

宅地建物取引主任者(宅建)試験概要

【受験資格】

年齢・性別・学歴等の制限は一切ありません。どなたでも受験できます。

【試験の日程】

・試験日……10月の第3日曜日
・合格発表…試験日より6週間経過した週の水曜日

【試験の基準・内容】

試験は、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有し、その知識が、 次の内容のおおむね全般に及んでいるかどうかを判定することに基準を置くものとします。 (試験の内容-宅地建物取引業法施行規則第8条)

(a) 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
(b) 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
(c) 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
(d) 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
(e) 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
(f) 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
(g) 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

ただし、宅地建物取引業法第16条第3項の規定による講習の課程を修了し、講習修了者証の交付を受けた者については、 同法施行規則第10条の5の規定により、(a)及び(e)に関する問題が免除されます。

【試験の方法】

筆記試験により行います。

【受験手数料】

手数料:7,000円

【お問い合わせ先】

財団法人 不動産適正取引推進機構
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目8番21号 第33森ビル3階
TEL:03-3435-8111 FAX:03-3435-7576

宅地建物取引主任者(宅建)合格率

宅建の合格率は、国家試験としては高いほうですが、それでも、15%を超える程度です。10人の内、1人か2人しか合格できていないということです。

◆過去のデータ(受験者数、合格者数、合格率)

年度 受験者数 合格者数 合格率(%)
平成元年
281,701 41,978 14.9
平成2年
342,111 44,149 12.9
平成3年
280,779 39,181 14.0
平成4年
223,700 35,733 16.0
平成5年
195,577 28,138 14.4
平成6年
201,542 30,500 15.1
平成7年
202,589 28,124 13.9
平成8年
197,168 29,065 14.7
平成9年
190,131 26,835 14.1
平成10年
179,713 24,930 13.9
平成11年
178,384 28,277 15.9
平成12年
168,094 25,928 15.4
平成13年
165,104 25,203 15.3
平成14年
169,657 29,423 17.3
平成15年
169,625 25,942 15.3
平成16年 173,457 27,639 15.9
平成17年 181,880 31,520 17.3

宅地建物取引主任者(宅建)試験に合格後

宅建試験に合格しただけでは、宅地建物取引主任者にはなれません。

まず、実務講習を受ける必要があります。講習費は、45000円。ただし、不動産関係の実務を2年以上経験している場合は免除になります。

次に、宅地建物取引主任者の資格登録を行います。これは、登録料として、37000円。一度登録すれば、一生有効になります。

その後、実際に仕事を行う際に必要な、主任者証をもらうために、主任者登録をします。この費用が、4500円。ただし、5年後との更新が必要です。

主任者登録をする場合に、宅建試験の合格から1年以上経っている場合は、法定講習を受ける義務が発生します。この費用は、11000円です。

主任者証を受け取ることで、はじめて、「宅地建物取引主任者」となります。

宅建 勉強法

全く新しい宅建勉強法!宅建合格インプリンティング

全く新しい宅建勉強法! 合格者続出!これからのスタンダードになるでしょう。 宅建関連読者数ナンバー1メルマガも発行しています。まだこれを知らない方は…かなり損をしているかもしれません。宅建合格インプリンティング !常識破り!驚きの宅建勉強法です。
分かりやすいマンション管理士テキスト

フォーサイトで目指そう!宅建合格!!

独立・開業型資格の人気No.1 まだ通信講座に高いお金を払いますか!?★充実の教材★高い合格率★なのに32,550円~の低価格!】◆考えてみてください、宅建講座に20万? もうボッタクリの会社には手を出すべきではありません! 低価格で本物の合格を!フォーサイトがお届けする通信講座のご案内。
宅建を通信教育で取得するなら資格のスクール フォーサイト

大学生・社会人にだってZ会がある!

Z会の通信教育キャリア開発コース。「通信教育のZ会」に大学生・社会人向けの講座があるのをご存知ですか?資格・試験対策講座の資料すぐにお届けします!
Z会の資格・試験対策講座

今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

勉強嫌いの人でもコツさえつかめば、難関国家試験に合格できるからおもしろい!もしも、週末を利用するだけですぐに成果のでる学習方法があるとしたら、 あなたはそのような学習方法・魔法の記憶術を知りたいですか? 週末・夏休み・冬休み・ゴールデンウィークを利用して友達に差をつけたい方! 必見です。
今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

宅地建物取引主任者(宅建)とは

宅建とは、正式名称を、「宅地建物取引主任者」といいます。宅建試験(宅地建物取引主任者試験)は数多くある資格試験の中でもとてもメジャーな資格試験であり、不動産関係の資格試験といえば、まず思い浮かぶのは宅建試験だといっていいでしょう。

不動産業(=宅地建物取引業)を開業するには、国土交通大臣又は都道府県知事の免許が必要となってます。その免許は、事務所ごとに従業員の20%以上が宅地建物取引主任者でないと受けることができません。つまり宅建資格(宅地建物取引主任者)は不動産業を行うためには、欠かすことのできない必須の資格といえます。

宅建に合格して宅地建物取引主任者ができる仕事、というよりも宅地建物取引主任者にしかできない仕事というのはいくつか規定されています。

・契約成立前に『重要事項(物件の法律で定められた項目)説明書』に記名押印すること(宅地建物取引業法35条書面)

・重要事項説明書を、物件を入手しようとする当事者に交付して説明すること。この説明は、契約するかしないかの判断材料となります。

・契約が成立したあと遅滞なく両当事者(売主・買主)に交付する契約書面(宅地建物取引業法37条書面)に記名押印すること。

これらはいずれも不動産取引をする上では欠かせない業務なので、それだけ宅建、宅地建物取引主任者の資格は重要といえます。不動産関係の仕事につきたいなら、まずは宅地建物取引業者試験で資格をとることを目指すといいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)の主な仕事

宅地建物取引主任者の仕事は、建物の売買や貸借・交換の代理、仲介をすることです。当然の事ながら業務の遂行にあたっては、不動産に関する幅広い法律知識と不動産を評価する正しい眼が必要となってきます。

また最も重要な業務とされているのは、「重要事項の説明」といわれるものです。これは契約が成立するまでのあいだに、取引の各当事者に取引物権や契約上の重要事項について書面 を交付して説明する仕事です。宅地建物取引主任者だけに許された業務であり、それ以外の者が代行することは出来ないのです。

業務報酬は取引仲介料として、取引の当事者から支払われます。

資格の主な活かし方としては、不動産関係の企業内で活躍するか、独立開業の武器にするかのいずれかです。不動産会社の社員がこの資格を取得すれば、取引業務の第一線で活躍することが可能です。また不動産業を開業する場合は、営業保証金として供託しなければならない資金や開設資金さえ準備できれば独立自体は比較的容易です。ただし、その前に十分な実務経験を積み、確実に顧客をつかんでからでなければ成功は難しいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)のメリット

宅建のメリットは、まず就職に強いということです。

不動産業界では必須の資格なので、宅建を持っているのと、持っていないとでは、全く違う結果になります。

もちろん、収入も違います。不動産業界でも、宅建を持っている場合は役職がつく場合が多いので、その分収入も上がります。住宅メーカーでは、入社2年以内に宅建を取得しなければ、今後の昇進が、難しくなるという企業もあるそうです。

資格を取得すると、お祝い金がもらえるところもあるので、宅建は早く取るに越した事はないでしょう。

宅建自体は、不動産に関する資格なのですが、試験の内容は、民法に関わる法律を扱うので、事務系の仕事においては、優遇される資格になっています。

実際に、宅建には、資格手当てを払っている企業もあるので、キャリアアップや、収入を上げたいという方にはお勧めの資格です。しかも、受験資格がなく、勉強の期間は、3ヶ月から6ヶ月ほどあれば充分なので、誰でも合格することが可能な資格です。

宅地建物取引主任者(宅建)試験概要

【受験資格】

年齢・性別・学歴等の制限は一切ありません。どなたでも受験できます。

【試験の日程】

・試験日……10月の第3日曜日
・合格発表…試験日より6週間経過した週の水曜日

【試験の基準・内容】

試験は、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有し、その知識が、 次の内容のおおむね全般に及んでいるかどうかを判定することに基準を置くものとします。 (試験の内容-宅地建物取引業法施行規則第8条)

(a) 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
(b) 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
(c) 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
(d) 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
(e) 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
(f) 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
(g) 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

ただし、宅地建物取引業法第16条第3項の規定による講習の課程を修了し、講習修了者証の交付を受けた者については、 同法施行規則第10条の5の規定により、(a)及び(e)に関する問題が免除されます。

【試験の方法】

筆記試験により行います。

【受験手数料】

手数料:7,000円

【お問い合わせ先】

財団法人 不動産適正取引推進機構
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目8番21号 第33森ビル3階
TEL:03-3435-8111 FAX:03-3435-7576

宅地建物取引主任者(宅建)合格率

宅建の合格率は、国家試験としては高いほうですが、それでも、15%を超える程度です。10人の内、1人か2人しか合格できていないということです。

◆過去のデータ(受験者数、合格者数、合格率)

年度 受験者数 合格者数 合格率(%)
平成元年
281,701 41,978 14.9
平成2年
342,111 44,149 12.9
平成3年
280,779 39,181 14.0
平成4年
223,700 35,733 16.0
平成5年
195,577 28,138 14.4
平成6年
201,542 30,500 15.1
平成7年
202,589 28,124 13.9
平成8年
197,168 29,065 14.7
平成9年
190,131 26,835 14.1
平成10年
179,713 24,930 13.9
平成11年
178,384 28,277 15.9
平成12年
168,094 25,928 15.4
平成13年
165,104 25,203 15.3
平成14年
169,657 29,423 17.3
平成15年
169,625 25,942 15.3
平成16年 173,457 27,639 15.9
平成17年 181,880 31,520 17.3

宅地建物取引主任者(宅建)試験に合格後

宅建試験に合格しただけでは、宅地建物取引主任者にはなれません。

まず、実務講習を受ける必要があります。講習費は、45000円。ただし、不動産関係の実務を2年以上経験している場合は免除になります。

次に、宅地建物取引主任者の資格登録を行います。これは、登録料として、37000円。一度登録すれば、一生有効になります。

その後、実際に仕事を行う際に必要な、主任者証をもらうために、主任者登録をします。この費用が、4500円。ただし、5年後との更新が必要です。

主任者登録をする場合に、宅建試験の合格から1年以上経っている場合は、法定講習を受ける義務が発生します。この費用は、11000円です。

主任者証を受け取ることで、はじめて、「宅地建物取引主任者」となります。

宅建 通信教育

全く新しい宅建勉強法!宅建合格インプリンティング

全く新しい宅建勉強法! 合格者続出!これからのスタンダードになるでしょう。 宅建関連読者数ナンバー1メルマガも発行しています。まだこれを知らない方は…かなり損をしているかもしれません。宅建合格インプリンティング !常識破り!驚きの宅建勉強法です。
分かりやすいマンション管理士テキスト

フォーサイトで目指そう!宅建合格!!

独立・開業型資格の人気No.1 まだ通信講座に高いお金を払いますか!?★充実の教材★高い合格率★なのに32,550円~の低価格!】◆考えてみてください、宅建講座に20万? もうボッタクリの会社には手を出すべきではありません! 低価格で本物の合格を!フォーサイトがお届けする通信講座のご案内。
宅建を通信教育で取得するなら資格のスクール フォーサイト

大学生・社会人にだってZ会がある!

Z会の通信教育キャリア開発コース。「通信教育のZ会」に大学生・社会人向けの講座があるのをご存知ですか?資格・試験対策講座の資料すぐにお届けします!
Z会の資格・試験対策講座

今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

勉強嫌いの人でもコツさえつかめば、難関国家試験に合格できるからおもしろい!もしも、週末を利用するだけですぐに成果のでる学習方法があるとしたら、 あなたはそのような学習方法・魔法の記憶術を知りたいですか? 週末・夏休み・冬休み・ゴールデンウィークを利用して友達に差をつけたい方! 必見です。
今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

宅地建物取引主任者(宅建)とは

宅建とは、正式名称を、「宅地建物取引主任者」といいます。宅建試験(宅地建物取引主任者試験)は数多くある資格試験の中でもとてもメジャーな資格試験であり、不動産関係の資格試験といえば、まず思い浮かぶのは宅建試験だといっていいでしょう。

不動産業(=宅地建物取引業)を開業するには、国土交通大臣又は都道府県知事の免許が必要となってます。その免許は、事務所ごとに従業員の20%以上が宅地建物取引主任者でないと受けることができません。つまり宅建資格(宅地建物取引主任者)は不動産業を行うためには、欠かすことのできない必須の資格といえます。

宅建に合格して宅地建物取引主任者ができる仕事、というよりも宅地建物取引主任者にしかできない仕事というのはいくつか規定されています。

・契約成立前に『重要事項(物件の法律で定められた項目)説明書』に記名押印すること(宅地建物取引業法35条書面)

・重要事項説明書を、物件を入手しようとする当事者に交付して説明すること。この説明は、契約するかしないかの判断材料となります。

・契約が成立したあと遅滞なく両当事者(売主・買主)に交付する契約書面(宅地建物取引業法37条書面)に記名押印すること。

これらはいずれも不動産取引をする上では欠かせない業務なので、それだけ宅建、宅地建物取引主任者の資格は重要といえます。不動産関係の仕事につきたいなら、まずは宅地建物取引業者試験で資格をとることを目指すといいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)の主な仕事

宅地建物取引主任者の仕事は、建物の売買や貸借・交換の代理、仲介をすることです。当然の事ながら業務の遂行にあたっては、不動産に関する幅広い法律知識と不動産を評価する正しい眼が必要となってきます。

また最も重要な業務とされているのは、「重要事項の説明」といわれるものです。これは契約が成立するまでのあいだに、取引の各当事者に取引物権や契約上の重要事項について書面 を交付して説明する仕事です。宅地建物取引主任者だけに許された業務であり、それ以外の者が代行することは出来ないのです。

業務報酬は取引仲介料として、取引の当事者から支払われます。

資格の主な活かし方としては、不動産関係の企業内で活躍するか、独立開業の武器にするかのいずれかです。不動産会社の社員がこの資格を取得すれば、取引業務の第一線で活躍することが可能です。また不動産業を開業する場合は、営業保証金として供託しなければならない資金や開設資金さえ準備できれば独立自体は比較的容易です。ただし、その前に十分な実務経験を積み、確実に顧客をつかんでからでなければ成功は難しいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)のメリット

宅建のメリットは、まず就職に強いということです。

不動産業界では必須の資格なので、宅建を持っているのと、持っていないとでは、全く違う結果になります。

もちろん、収入も違います。不動産業界でも、宅建を持っている場合は役職がつく場合が多いので、その分収入も上がります。住宅メーカーでは、入社2年以内に宅建を取得しなければ、今後の昇進が、難しくなるという企業もあるそうです。

資格を取得すると、お祝い金がもらえるところもあるので、宅建は早く取るに越した事はないでしょう。

宅建自体は、不動産に関する資格なのですが、試験の内容は、民法に関わる法律を扱うので、事務系の仕事においては、優遇される資格になっています。

実際に、宅建には、資格手当てを払っている企業もあるので、キャリアアップや、収入を上げたいという方にはお勧めの資格です。しかも、受験資格がなく、勉強の期間は、3ヶ月から6ヶ月ほどあれば充分なので、誰でも合格することが可能な資格です。

宅地建物取引主任者(宅建)試験概要

【受験資格】

年齢・性別・学歴等の制限は一切ありません。どなたでも受験できます。

【試験の日程】

・試験日……10月の第3日曜日
・合格発表…試験日より6週間経過した週の水曜日

【試験の基準・内容】

試験は、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有し、その知識が、 次の内容のおおむね全般に及んでいるかどうかを判定することに基準を置くものとします。 (試験の内容-宅地建物取引業法施行規則第8条)

(a) 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
(b) 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
(c) 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
(d) 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
(e) 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
(f) 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
(g) 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

ただし、宅地建物取引業法第16条第3項の規定による講習の課程を修了し、講習修了者証の交付を受けた者については、 同法施行規則第10条の5の規定により、(a)及び(e)に関する問題が免除されます。

【試験の方法】

筆記試験により行います。

【受験手数料】

手数料:7,000円

【お問い合わせ先】

財団法人 不動産適正取引推進機構
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目8番21号 第33森ビル3階
TEL:03-3435-8111 FAX:03-3435-7576

宅地建物取引主任者(宅建)合格率

宅建の合格率は、国家試験としては高いほうですが、それでも、15%を超える程度です。10人の内、1人か2人しか合格できていないということです。

◆過去のデータ(受験者数、合格者数、合格率)

年度 受験者数 合格者数 合格率(%)
平成元年
281,701 41,978 14.9
平成2年
342,111 44,149 12.9
平成3年
280,779 39,181 14.0
平成4年
223,700 35,733 16.0
平成5年
195,577 28,138 14.4
平成6年
201,542 30,500 15.1
平成7年
202,589 28,124 13.9
平成8年
197,168 29,065 14.7
平成9年
190,131 26,835 14.1
平成10年
179,713 24,930 13.9
平成11年
178,384 28,277 15.9
平成12年
168,094 25,928 15.4
平成13年
165,104 25,203 15.3
平成14年
169,657 29,423 17.3
平成15年
169,625 25,942 15.3
平成16年 173,457 27,639 15.9
平成17年 181,880 31,520 17.3

宅地建物取引主任者(宅建)試験に合格後

宅建試験に合格しただけでは、宅地建物取引主任者にはなれません。

まず、実務講習を受ける必要があります。講習費は、45000円。ただし、不動産関係の実務を2年以上経験している場合は免除になります。

次に、宅地建物取引主任者の資格登録を行います。これは、登録料として、37000円。一度登録すれば、一生有効になります。

その後、実際に仕事を行う際に必要な、主任者証をもらうために、主任者登録をします。この費用が、4500円。ただし、5年後との更新が必要です。

主任者登録をする場合に、宅建試験の合格から1年以上経っている場合は、法定講習を受ける義務が発生します。この費用は、11000円です。

主任者証を受け取ることで、はじめて、「宅地建物取引主任者」となります。

宅建 通信講座

全く新しい宅建勉強法!宅建合格インプリンティング

全く新しい宅建勉強法! 合格者続出!これからのスタンダードになるでしょう。 宅建関連読者数ナンバー1メルマガも発行しています。まだこれを知らない方は…かなり損をしているかもしれません。宅建合格インプリンティング !常識破り!驚きの宅建勉強法です。
分かりやすいマンション管理士テキスト

フォーサイトで目指そう!宅建合格!!

独立・開業型資格の人気No.1 まだ通信講座に高いお金を払いますか!?★充実の教材★高い合格率★なのに32,550円~の低価格!】◆考えてみてください、宅建講座に20万? もうボッタクリの会社には手を出すべきではありません! 低価格で本物の合格を!フォーサイトがお届けする通信講座のご案内。
宅建を通信教育で取得するなら資格のスクール フォーサイト

大学生・社会人にだってZ会がある!

Z会の通信教育キャリア開発コース。「通信教育のZ会」に大学生・社会人向けの講座があるのをご存知ですか?資格・試験対策講座の資料すぐにお届けします!
Z会の資格・試験対策講座

今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

勉強嫌いの人でもコツさえつかめば、難関国家試験に合格できるからおもしろい!もしも、週末を利用するだけですぐに成果のでる学習方法があるとしたら、 あなたはそのような学習方法・魔法の記憶術を知りたいですか? 週末・夏休み・冬休み・ゴールデンウィークを利用して友達に差をつけたい方! 必見です。
今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

宅地建物取引主任者(宅建)とは

宅建とは、正式名称を、「宅地建物取引主任者」といいます。宅建試験(宅地建物取引主任者試験)は数多くある資格試験の中でもとてもメジャーな資格試験であり、不動産関係の資格試験といえば、まず思い浮かぶのは宅建試験だといっていいでしょう。

不動産業(=宅地建物取引業)を開業するには、国土交通大臣又は都道府県知事の免許が必要となってます。その免許は、事務所ごとに従業員の20%以上が宅地建物取引主任者でないと受けることができません。つまり宅建資格(宅地建物取引主任者)は不動産業を行うためには、欠かすことのできない必須の資格といえます。

宅建に合格して宅地建物取引主任者ができる仕事、というよりも宅地建物取引主任者にしかできない仕事というのはいくつか規定されています。

・契約成立前に『重要事項(物件の法律で定められた項目)説明書』に記名押印すること(宅地建物取引業法35条書面)

・重要事項説明書を、物件を入手しようとする当事者に交付して説明すること。この説明は、契約するかしないかの判断材料となります。

・契約が成立したあと遅滞なく両当事者(売主・買主)に交付する契約書面(宅地建物取引業法37条書面)に記名押印すること。

これらはいずれも不動産取引をする上では欠かせない業務なので、それだけ宅建、宅地建物取引主任者の資格は重要といえます。不動産関係の仕事につきたいなら、まずは宅地建物取引業者試験で資格をとることを目指すといいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)の主な仕事

宅地建物取引主任者の仕事は、建物の売買や貸借・交換の代理、仲介をすることです。当然の事ながら業務の遂行にあたっては、不動産に関する幅広い法律知識と不動産を評価する正しい眼が必要となってきます。

また最も重要な業務とされているのは、「重要事項の説明」といわれるものです。これは契約が成立するまでのあいだに、取引の各当事者に取引物権や契約上の重要事項について書面 を交付して説明する仕事です。宅地建物取引主任者だけに許された業務であり、それ以外の者が代行することは出来ないのです。

業務報酬は取引仲介料として、取引の当事者から支払われます。

資格の主な活かし方としては、不動産関係の企業内で活躍するか、独立開業の武器にするかのいずれかです。不動産会社の社員がこの資格を取得すれば、取引業務の第一線で活躍することが可能です。また不動産業を開業する場合は、営業保証金として供託しなければならない資金や開設資金さえ準備できれば独立自体は比較的容易です。ただし、その前に十分な実務経験を積み、確実に顧客をつかんでからでなければ成功は難しいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)のメリット

宅建のメリットは、まず就職に強いということです。

不動産業界では必須の資格なので、宅建を持っているのと、持っていないとでは、全く違う結果になります。

もちろん、収入も違います。不動産業界でも、宅建を持っている場合は役職がつく場合が多いので、その分収入も上がります。住宅メーカーでは、入社2年以内に宅建を取得しなければ、今後の昇進が、難しくなるという企業もあるそうです。

資格を取得すると、お祝い金がもらえるところもあるので、宅建は早く取るに越した事はないでしょう。

宅建自体は、不動産に関する資格なのですが、試験の内容は、民法に関わる法律を扱うので、事務系の仕事においては、優遇される資格になっています。

実際に、宅建には、資格手当てを払っている企業もあるので、キャリアアップや、収入を上げたいという方にはお勧めの資格です。しかも、受験資格がなく、勉強の期間は、3ヶ月から6ヶ月ほどあれば充分なので、誰でも合格することが可能な資格です。

宅地建物取引主任者(宅建)試験概要

【受験資格】

年齢・性別・学歴等の制限は一切ありません。どなたでも受験できます。

【試験の日程】

・試験日……10月の第3日曜日
・合格発表…試験日より6週間経過した週の水曜日

【試験の基準・内容】

試験は、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有し、その知識が、 次の内容のおおむね全般に及んでいるかどうかを判定することに基準を置くものとします。 (試験の内容-宅地建物取引業法施行規則第8条)

(a) 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
(b) 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
(c) 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
(d) 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
(e) 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
(f) 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
(g) 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

ただし、宅地建物取引業法第16条第3項の規定による講習の課程を修了し、講習修了者証の交付を受けた者については、 同法施行規則第10条の5の規定により、(a)及び(e)に関する問題が免除されます。

【試験の方法】

筆記試験により行います。

【受験手数料】

手数料:7,000円

【お問い合わせ先】

財団法人 不動産適正取引推進機構
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目8番21号 第33森ビル3階
TEL:03-3435-8111 FAX:03-3435-7576

宅地建物取引主任者(宅建)合格率

宅建の合格率は、国家試験としては高いほうですが、それでも、15%を超える程度です。10人の内、1人か2人しか合格できていないということです。

◆過去のデータ(受験者数、合格者数、合格率)

年度 受験者数 合格者数 合格率(%)
平成元年
281,701 41,978 14.9
平成2年
342,111 44,149 12.9
平成3年
280,779 39,181 14.0
平成4年
223,700 35,733 16.0
平成5年
195,577 28,138 14.4
平成6年
201,542 30,500 15.1
平成7年
202,589 28,124 13.9
平成8年
197,168 29,065 14.7
平成9年
190,131 26,835 14.1
平成10年
179,713 24,930 13.9
平成11年
178,384 28,277 15.9
平成12年
168,094 25,928 15.4
平成13年
165,104 25,203 15.3
平成14年
169,657 29,423 17.3
平成15年
169,625 25,942 15.3
平成16年 173,457 27,639 15.9
平成17年 181,880 31,520 17.3

宅地建物取引主任者(宅建)試験に合格後

宅建試験に合格しただけでは、宅地建物取引主任者にはなれません。

まず、実務講習を受ける必要があります。講習費は、45000円。ただし、不動産関係の実務を2年以上経験している場合は免除になります。

次に、宅地建物取引主任者の資格登録を行います。これは、登録料として、37000円。一度登録すれば、一生有効になります。

その後、実際に仕事を行う際に必要な、主任者証をもらうために、主任者登録をします。この費用が、4500円。ただし、5年後との更新が必要です。

主任者登録をする場合に、宅建試験の合格から1年以上経っている場合は、法定講習を受ける義務が発生します。この費用は、11000円です。

主任者証を受け取ることで、はじめて、「宅地建物取引主任者」となります。

宅建 独学

全く新しい宅建勉強法!宅建合格インプリンティング

全く新しい宅建勉強法! 合格者続出!これからのスタンダードになるでしょう。 宅建関連読者数ナンバー1メルマガも発行しています。まだこれを知らない方は…かなり損をしているかもしれません。宅建合格インプリンティング !常識破り!驚きの宅建勉強法です。
分かりやすいマンション管理士テキスト

フォーサイトで目指そう!宅建合格!!

独立・開業型資格の人気No.1 まだ通信講座に高いお金を払いますか!?★充実の教材★高い合格率★なのに32,550円~の低価格!】◆考えてみてください、宅建講座に20万? もうボッタクリの会社には手を出すべきではありません! 低価格で本物の合格を!フォーサイトがお届けする通信講座のご案内。
宅建を通信教育で取得するなら資格のスクール フォーサイト

大学生・社会人にだってZ会がある!

Z会の通信教育キャリア開発コース。「通信教育のZ会」に大学生・社会人向けの講座があるのをご存知ですか?資格・試験対策講座の資料すぐにお届けします!
Z会の資格・試験対策講座

今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

勉強嫌いの人でもコツさえつかめば、難関国家試験に合格できるからおもしろい!もしも、週末を利用するだけですぐに成果のでる学習方法があるとしたら、 あなたはそのような学習方法・魔法の記憶術を知りたいですか? 週末・夏休み・冬休み・ゴールデンウィークを利用して友達に差をつけたい方! 必見です。
今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

宅地建物取引主任者(宅建)とは

宅建とは、正式名称を、「宅地建物取引主任者」といいます。宅建試験(宅地建物取引主任者試験)は数多くある資格試験の中でもとてもメジャーな資格試験であり、不動産関係の資格試験といえば、まず思い浮かぶのは宅建試験だといっていいでしょう。

不動産業(=宅地建物取引業)を開業するには、国土交通大臣又は都道府県知事の免許が必要となってます。その免許は、事務所ごとに従業員の20%以上が宅地建物取引主任者でないと受けることができません。つまり宅建資格(宅地建物取引主任者)は不動産業を行うためには、欠かすことのできない必須の資格といえます。

宅建に合格して宅地建物取引主任者ができる仕事、というよりも宅地建物取引主任者にしかできない仕事というのはいくつか規定されています。

・契約成立前に『重要事項(物件の法律で定められた項目)説明書』に記名押印すること(宅地建物取引業法35条書面)

・重要事項説明書を、物件を入手しようとする当事者に交付して説明すること。この説明は、契約するかしないかの判断材料となります。

・契約が成立したあと遅滞なく両当事者(売主・買主)に交付する契約書面(宅地建物取引業法37条書面)に記名押印すること。

これらはいずれも不動産取引をする上では欠かせない業務なので、それだけ宅建、宅地建物取引主任者の資格は重要といえます。不動産関係の仕事につきたいなら、まずは宅地建物取引業者試験で資格をとることを目指すといいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)の主な仕事

宅地建物取引主任者の仕事は、建物の売買や貸借・交換の代理、仲介をすることです。当然の事ながら業務の遂行にあたっては、不動産に関する幅広い法律知識と不動産を評価する正しい眼が必要となってきます。

また最も重要な業務とされているのは、「重要事項の説明」といわれるものです。これは契約が成立するまでのあいだに、取引の各当事者に取引物権や契約上の重要事項について書面 を交付して説明する仕事です。宅地建物取引主任者だけに許された業務であり、それ以外の者が代行することは出来ないのです。

業務報酬は取引仲介料として、取引の当事者から支払われます。

資格の主な活かし方としては、不動産関係の企業内で活躍するか、独立開業の武器にするかのいずれかです。不動産会社の社員がこの資格を取得すれば、取引業務の第一線で活躍することが可能です。また不動産業を開業する場合は、営業保証金として供託しなければならない資金や開設資金さえ準備できれば独立自体は比較的容易です。ただし、その前に十分な実務経験を積み、確実に顧客をつかんでからでなければ成功は難しいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)のメリット

宅建のメリットは、まず就職に強いということです。

不動産業界では必須の資格なので、宅建を持っているのと、持っていないとでは、全く違う結果になります。

もちろん、収入も違います。不動産業界でも、宅建を持っている場合は役職がつく場合が多いので、その分収入も上がります。住宅メーカーでは、入社2年以内に宅建を取得しなければ、今後の昇進が、難しくなるという企業もあるそうです。

資格を取得すると、お祝い金がもらえるところもあるので、宅建は早く取るに越した事はないでしょう。

宅建自体は、不動産に関する資格なのですが、試験の内容は、民法に関わる法律を扱うので、事務系の仕事においては、優遇される資格になっています。

実際に、宅建には、資格手当てを払っている企業もあるので、キャリアアップや、収入を上げたいという方にはお勧めの資格です。しかも、受験資格がなく、勉強の期間は、3ヶ月から6ヶ月ほどあれば充分なので、誰でも合格することが可能な資格です。

宅地建物取引主任者(宅建)試験概要

【受験資格】

年齢・性別・学歴等の制限は一切ありません。どなたでも受験できます。

【試験の日程】

・試験日……10月の第3日曜日
・合格発表…試験日より6週間経過した週の水曜日

【試験の基準・内容】

試験は、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有し、その知識が、 次の内容のおおむね全般に及んでいるかどうかを判定することに基準を置くものとします。 (試験の内容-宅地建物取引業法施行規則第8条)

(a) 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
(b) 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
(c) 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
(d) 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
(e) 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
(f) 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
(g) 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

ただし、宅地建物取引業法第16条第3項の規定による講習の課程を修了し、講習修了者証の交付を受けた者については、 同法施行規則第10条の5の規定により、(a)及び(e)に関する問題が免除されます。

【試験の方法】

筆記試験により行います。

【受験手数料】

手数料:7,000円

【お問い合わせ先】

財団法人 不動産適正取引推進機構
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目8番21号 第33森ビル3階
TEL:03-3435-8111 FAX:03-3435-7576

宅地建物取引主任者(宅建)合格率

宅建の合格率は、国家試験としては高いほうですが、それでも、15%を超える程度です。10人の内、1人か2人しか合格できていないということです。

◆過去のデータ(受験者数、合格者数、合格率)

年度 受験者数 合格者数 合格率(%)
平成元年
281,701 41,978 14.9
平成2年
342,111 44,149 12.9
平成3年
280,779 39,181 14.0
平成4年
223,700 35,733 16.0
平成5年
195,577 28,138 14.4
平成6年
201,542 30,500 15.1
平成7年
202,589 28,124 13.9
平成8年
197,168 29,065 14.7
平成9年
190,131 26,835 14.1
平成10年
179,713 24,930 13.9
平成11年
178,384 28,277 15.9
平成12年
168,094 25,928 15.4
平成13年
165,104 25,203 15.3
平成14年
169,657 29,423 17.3
平成15年
169,625 25,942 15.3
平成16年 173,457 27,639 15.9
平成17年 181,880 31,520 17.3

宅地建物取引主任者(宅建)試験に合格後

宅建試験に合格しただけでは、宅地建物取引主任者にはなれません。

まず、実務講習を受ける必要があります。講習費は、45000円。ただし、不動産関係の実務を2年以上経験している場合は免除になります。

次に、宅地建物取引主任者の資格登録を行います。これは、登録料として、37000円。一度登録すれば、一生有効になります。

その後、実際に仕事を行う際に必要な、主任者証をもらうために、主任者登録をします。この費用が、4500円。ただし、5年後との更新が必要です。

主任者登録をする場合に、宅建試験の合格から1年以上経っている場合は、法定講習を受ける義務が発生します。この費用は、11000円です。

主任者証を受け取ることで、はじめて、「宅地建物取引主任者」となります。

宅建 講座

全く新しい宅建勉強法!宅建合格インプリンティング

全く新しい宅建勉強法! 合格者続出!これからのスタンダードになるでしょう。 宅建関連読者数ナンバー1メルマガも発行しています。まだこれを知らない方は…かなり損をしているかもしれません。宅建合格インプリンティング !常識破り!驚きの宅建勉強法です。
分かりやすいマンション管理士テキスト

フォーサイトで目指そう!宅建合格!!

独立・開業型資格の人気No.1 まだ通信講座に高いお金を払いますか!?★充実の教材★高い合格率★なのに32,550円~の低価格!】◆考えてみてください、宅建講座に20万? もうボッタクリの会社には手を出すべきではありません! 低価格で本物の合格を!フォーサイトがお届けする通信講座のご案内。
宅建を通信教育で取得するなら資格のスクール フォーサイト

大学生・社会人にだってZ会がある!

Z会の通信教育キャリア開発コース。「通信教育のZ会」に大学生・社会人向けの講座があるのをご存知ですか?資格・試験対策講座の資料すぐにお届けします!
Z会の資格・試験対策講座

今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

勉強嫌いの人でもコツさえつかめば、難関国家試験に合格できるからおもしろい!もしも、週末を利用するだけですぐに成果のでる学習方法があるとしたら、 あなたはそのような学習方法・魔法の記憶術を知りたいですか? 週末・夏休み・冬休み・ゴールデンウィークを利用して友達に差をつけたい方! 必見です。
今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

宅地建物取引主任者(宅建)とは

宅建とは、正式名称を、「宅地建物取引主任者」といいます。宅建試験(宅地建物取引主任者試験)は数多くある資格試験の中でもとてもメジャーな資格試験であり、不動産関係の資格試験といえば、まず思い浮かぶのは宅建試験だといっていいでしょう。

不動産業(=宅地建物取引業)を開業するには、国土交通大臣又は都道府県知事の免許が必要となってます。その免許は、事務所ごとに従業員の20%以上が宅地建物取引主任者でないと受けることができません。つまり宅建資格(宅地建物取引主任者)は不動産業を行うためには、欠かすことのできない必須の資格といえます。

宅建に合格して宅地建物取引主任者ができる仕事、というよりも宅地建物取引主任者にしかできない仕事というのはいくつか規定されています。

・契約成立前に『重要事項(物件の法律で定められた項目)説明書』に記名押印すること(宅地建物取引業法35条書面)

・重要事項説明書を、物件を入手しようとする当事者に交付して説明すること。この説明は、契約するかしないかの判断材料となります。

・契約が成立したあと遅滞なく両当事者(売主・買主)に交付する契約書面(宅地建物取引業法37条書面)に記名押印すること。

これらはいずれも不動産取引をする上では欠かせない業務なので、それだけ宅建、宅地建物取引主任者の資格は重要といえます。不動産関係の仕事につきたいなら、まずは宅地建物取引業者試験で資格をとることを目指すといいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)の主な仕事

宅地建物取引主任者の仕事は、建物の売買や貸借・交換の代理、仲介をすることです。当然の事ながら業務の遂行にあたっては、不動産に関する幅広い法律知識と不動産を評価する正しい眼が必要となってきます。

また最も重要な業務とされているのは、「重要事項の説明」といわれるものです。これは契約が成立するまでのあいだに、取引の各当事者に取引物権や契約上の重要事項について書面 を交付して説明する仕事です。宅地建物取引主任者だけに許された業務であり、それ以外の者が代行することは出来ないのです。

業務報酬は取引仲介料として、取引の当事者から支払われます。

資格の主な活かし方としては、不動産関係の企業内で活躍するか、独立開業の武器にするかのいずれかです。不動産会社の社員がこの資格を取得すれば、取引業務の第一線で活躍することが可能です。また不動産業を開業する場合は、営業保証金として供託しなければならない資金や開設資金さえ準備できれば独立自体は比較的容易です。ただし、その前に十分な実務経験を積み、確実に顧客をつかんでからでなければ成功は難しいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)のメリット

宅建のメリットは、まず就職に強いということです。

不動産業界では必須の資格なので、宅建を持っているのと、持っていないとでは、全く違う結果になります。

もちろん、収入も違います。不動産業界でも、宅建を持っている場合は役職がつく場合が多いので、その分収入も上がります。住宅メーカーでは、入社2年以内に宅建を取得しなければ、今後の昇進が、難しくなるという企業もあるそうです。

資格を取得すると、お祝い金がもらえるところもあるので、宅建は早く取るに越した事はないでしょう。

宅建自体は、不動産に関する資格なのですが、試験の内容は、民法に関わる法律を扱うので、事務系の仕事においては、優遇される資格になっています。

実際に、宅建には、資格手当てを払っている企業もあるので、キャリアアップや、収入を上げたいという方にはお勧めの資格です。しかも、受験資格がなく、勉強の期間は、3ヶ月から6ヶ月ほどあれば充分なので、誰でも合格することが可能な資格です。

宅地建物取引主任者(宅建)試験概要

【受験資格】

年齢・性別・学歴等の制限は一切ありません。どなたでも受験できます。

【試験の日程】

・試験日……10月の第3日曜日
・合格発表…試験日より6週間経過した週の水曜日

【試験の基準・内容】

試験は、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有し、その知識が、 次の内容のおおむね全般に及んでいるかどうかを判定することに基準を置くものとします。 (試験の内容-宅地建物取引業法施行規則第8条)

(a) 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
(b) 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
(c) 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
(d) 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
(e) 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
(f) 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
(g) 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

ただし、宅地建物取引業法第16条第3項の規定による講習の課程を修了し、講習修了者証の交付を受けた者については、 同法施行規則第10条の5の規定により、(a)及び(e)に関する問題が免除されます。

【試験の方法】

筆記試験により行います。

【受験手数料】

手数料:7,000円

【お問い合わせ先】

財団法人 不動産適正取引推進機構
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目8番21号 第33森ビル3階
TEL:03-3435-8111 FAX:03-3435-7576

宅地建物取引主任者(宅建)合格率

宅建の合格率は、国家試験としては高いほうですが、それでも、15%を超える程度です。10人の内、1人か2人しか合格できていないということです。

◆過去のデータ(受験者数、合格者数、合格率)

年度 受験者数 合格者数 合格率(%)
平成元年
281,701 41,978 14.9
平成2年
342,111 44,149 12.9
平成3年
280,779 39,181 14.0
平成4年
223,700 35,733 16.0
平成5年
195,577 28,138 14.4
平成6年
201,542 30,500 15.1
平成7年
202,589 28,124 13.9
平成8年
197,168 29,065 14.7
平成9年
190,131 26,835 14.1
平成10年
179,713 24,930 13.9
平成11年
178,384 28,277 15.9
平成12年
168,094 25,928 15.4
平成13年
165,104 25,203 15.3
平成14年
169,657 29,423 17.3
平成15年
169,625 25,942 15.3
平成16年 173,457 27,639 15.9
平成17年 181,880 31,520 17.3

宅地建物取引主任者(宅建)試験に合格後

宅建試験に合格しただけでは、宅地建物取引主任者にはなれません。

まず、実務講習を受ける必要があります。講習費は、45000円。ただし、不動産関係の実務を2年以上経験している場合は免除になります。

次に、宅地建物取引主任者の資格登録を行います。これは、登録料として、37000円。一度登録すれば、一生有効になります。

その後、実際に仕事を行う際に必要な、主任者証をもらうために、主任者登録をします。この費用が、4500円。ただし、5年後との更新が必要です。

主任者登録をする場合に、宅建試験の合格から1年以上経っている場合は、法定講習を受ける義務が発生します。この費用は、11000円です。

主任者証を受け取ることで、はじめて、「宅地建物取引主任者」となります。

病院 社会福祉士 募集

社会福祉士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

社会福祉士、ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

社会福祉士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
社会福祉士の講座案内を無料一括請求

社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

社会福祉士とは

社会福祉士とは、昭和62年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置付けられた、社会福祉業務に携わる者の国家資格で、専門知識、技術をもって、心身や環境上の理由から、日常生活を送ることに支障がある人たちの相談に応じ、助言、援助を行うための国家資格です。

社会福祉士資格の重要性

介護保険の導入などによって、福祉サービスへの需要が急速に増え続けている現在、福祉に関する専門的な相談・助言・指導を行う相談援助のプロフェッショナルである『社会福祉士』の必要性は増すばかりです。

しかし、この「社会福祉士」資格は、国家資格ですが医師や弁護士のように「業務独占」の資格ではなく、「名称独占」の資格のため、社会福祉士資格がなくても業務そのものは行えてしまいます。

現に「社会福祉士」の資格をもたない人が生活指導や、ソーシャルワーカーとして社会福祉士と同じ業務を行っているケースも少なくありません。

このようなケースも少なからずあることを考えると、社会福祉の専門家としての水準の高さを表す『社会福祉士』資格が必要になってくるのです。

社会福祉士の主な仕事

「社会福祉士及び介護福祉士法」には、社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」とされています。

社会福祉士の活躍の場や職種は様々です。しかし、職場や職種が違っても『ソーシャルワークを担う専門職』ということは変わりありません。その社会福祉士が主な業務として行っているものに「関係機関との連絡・調整」「相談」「管理業務」などが上げられ、以下の施設などで活躍しています。

・児童相談所、養護施設、知的障害児施設などの児童福祉法関係施設
・身体障害者更生施設、身体障害者療護施設等などの身体障害者福祉法関係施設
・救護施設、更生施設などの生活保護関係施設
・福祉事務所、社会福祉協議会などの社会福祉法関係事業所
・知的障害者更生施設、知的障害者授産施設などの知的障害者福祉法関係施設
・特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターなどの老人福祉法関係施設
・母子福祉センターなどの母子及び寡婦福祉法関係施設
・病院などの医療法関係施設

社会福祉士資格について

社会福祉資格は名称独占資格ですので、資格がなくてもこの業務につけないということもありませんが、社会福祉士資格を取得していれば専門職としてのあなたの評価はより高いものになるでしょう。

●資格の種類

国家資格

●受験資格

・4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
・2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者
・社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者
・児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司及び老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者。

●試験内容

・老人福祉論  ・社会保障論
・公的扶助論  ・地域福祉論
・心理学    ・社会学
・法学     ・医学一般
・老人福祉学  ・障害者福祉論
・児童福祉論  ・社会福祉援助技術
・介護概論

●合格率

合格率は概ね30%弱です。また、合格基準点は合格率に合わせるため概ね80-95点程度と幅があるのが特徴です。

社会福祉士 病院 求人

社会福祉士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

社会福祉士、ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

社会福祉士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
社会福祉士の講座案内を無料一括請求

社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

社会福祉士とは

社会福祉士とは、昭和62年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置付けられた、社会福祉業務に携わる者の国家資格で、専門知識、技術をもって、心身や環境上の理由から、日常生活を送ることに支障がある人たちの相談に応じ、助言、援助を行うための国家資格です。

社会福祉士資格の重要性

介護保険の導入などによって、福祉サービスへの需要が急速に増え続けている現在、福祉に関する専門的な相談・助言・指導を行う相談援助のプロフェッショナルである『社会福祉士』の必要性は増すばかりです。

しかし、この「社会福祉士」資格は、国家資格ですが医師や弁護士のように「業務独占」の資格ではなく、「名称独占」の資格のため、社会福祉士資格がなくても業務そのものは行えてしまいます。

現に「社会福祉士」の資格をもたない人が生活指導や、ソーシャルワーカーとして社会福祉士と同じ業務を行っているケースも少なくありません。

このようなケースも少なからずあることを考えると、社会福祉の専門家としての水準の高さを表す『社会福祉士』資格が必要になってくるのです。

社会福祉士の主な仕事

「社会福祉士及び介護福祉士法」には、社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」とされています。

社会福祉士の活躍の場や職種は様々です。しかし、職場や職種が違っても『ソーシャルワークを担う専門職』ということは変わりありません。その社会福祉士が主な業務として行っているものに「関係機関との連絡・調整」「相談」「管理業務」などが上げられ、以下の施設などで活躍しています。

・児童相談所、養護施設、知的障害児施設などの児童福祉法関係施設
・身体障害者更生施設、身体障害者療護施設等などの身体障害者福祉法関係施設
・救護施設、更生施設などの生活保護関係施設
・福祉事務所、社会福祉協議会などの社会福祉法関係事業所
・知的障害者更生施設、知的障害者授産施設などの知的障害者福祉法関係施設
・特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターなどの老人福祉法関係施設
・母子福祉センターなどの母子及び寡婦福祉法関係施設
・病院などの医療法関係施設

社会福祉士資格について

社会福祉資格は名称独占資格ですので、資格がなくてもこの業務につけないということもありませんが、社会福祉士資格を取得していれば専門職としてのあなたの評価はより高いものになるでしょう。

●資格の種類

国家資格

●受験資格

・4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
・2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者
・社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者
・児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司及び老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者。

●試験内容

・老人福祉論  ・社会保障論
・公的扶助論  ・地域福祉論
・心理学    ・社会学
・法学     ・医学一般
・老人福祉学  ・障害者福祉論
・児童福祉論  ・社会福祉援助技術
・介護概論

●合格率

合格率は概ね30%弱です。また、合格基準点は合格率に合わせるため概ね80-95点程度と幅があるのが特徴です。

求人 社会福祉士

社会福祉士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

社会福祉士、ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

社会福祉士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
社会福祉士の講座案内を無料一括請求

社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

社会福祉士とは

社会福祉士とは、昭和62年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置付けられた、社会福祉業務に携わる者の国家資格で、専門知識、技術をもって、心身や環境上の理由から、日常生活を送ることに支障がある人たちの相談に応じ、助言、援助を行うための国家資格です。

社会福祉士資格の重要性

介護保険の導入などによって、福祉サービスへの需要が急速に増え続けている現在、福祉に関する専門的な相談・助言・指導を行う相談援助のプロフェッショナルである『社会福祉士』の必要性は増すばかりです。

しかし、この「社会福祉士」資格は、国家資格ですが医師や弁護士のように「業務独占」の資格ではなく、「名称独占」の資格のため、社会福祉士資格がなくても業務そのものは行えてしまいます。

現に「社会福祉士」の資格をもたない人が生活指導や、ソーシャルワーカーとして社会福祉士と同じ業務を行っているケースも少なくありません。

このようなケースも少なからずあることを考えると、社会福祉の専門家としての水準の高さを表す『社会福祉士』資格が必要になってくるのです。

社会福祉士の主な仕事

「社会福祉士及び介護福祉士法」には、社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」とされています。

社会福祉士の活躍の場や職種は様々です。しかし、職場や職種が違っても『ソーシャルワークを担う専門職』ということは変わりありません。その社会福祉士が主な業務として行っているものに「関係機関との連絡・調整」「相談」「管理業務」などが上げられ、以下の施設などで活躍しています。

・児童相談所、養護施設、知的障害児施設などの児童福祉法関係施設
・身体障害者更生施設、身体障害者療護施設等などの身体障害者福祉法関係施設
・救護施設、更生施設などの生活保護関係施設
・福祉事務所、社会福祉協議会などの社会福祉法関係事業所
・知的障害者更生施設、知的障害者授産施設などの知的障害者福祉法関係施設
・特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターなどの老人福祉法関係施設
・母子福祉センターなどの母子及び寡婦福祉法関係施設
・病院などの医療法関係施設

社会福祉士資格について

社会福祉資格は名称独占資格ですので、資格がなくてもこの業務につけないということもありませんが、社会福祉士資格を取得していれば専門職としてのあなたの評価はより高いものになるでしょう。

●資格の種類

国家資格

●受験資格

・4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
・2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者
・社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者
・児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司及び老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者。

●試験内容

・老人福祉論  ・社会保障論
・公的扶助論  ・地域福祉論
・心理学    ・社会学
・法学     ・医学一般
・老人福祉学  ・障害者福祉論
・児童福祉論  ・社会福祉援助技術
・介護概論

●合格率

合格率は概ね30%弱です。また、合格基準点は合格率に合わせるため概ね80-95点程度と幅があるのが特徴です。

社会福祉士 受験対策

社会福祉士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
社会福祉士の講座案内を無料一括請求

社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

社会福祉士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

社会福祉士、ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

社会福祉士とは

社会福祉士とは、昭和62年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置付けられた、社会福祉業務に携わる者の国家資格で、専門知識、技術をもって、心身や環境上の理由から、日常生活を送ることに支障がある人たちの相談に応じ、助言、援助を行うための国家資格です。

社会福祉士資格の重要性

介護保険の導入などによって、福祉サービスへの需要が急速に増え続けている現在、福祉に関する専門的な相談・助言・指導を行う相談援助のプロフェッショナルである『社会福祉士』の必要性は増すばかりです。

しかし、この「社会福祉士」資格は、国家資格ですが医師や弁護士のように「業務独占」の資格ではなく、「名称独占」の資格のため、社会福祉士資格がなくても業務そのものは行えてしまいます。

現に「社会福祉士」の資格をもたない人が生活指導や、ソーシャルワーカーとして社会福祉士と同じ業務を行っているケースも少なくありません。

このようなケースも少なからずあることを考えると、社会福祉の専門家としての水準の高さを表す『社会福祉士』資格が必要になってくるのです。

社会福祉士の主な仕事

「社会福祉士及び介護福祉士法」には、社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」とされています。

社会福祉士の活躍の場や職種は様々です。しかし、職場や職種が違っても『ソーシャルワークを担う専門職』ということは変わりありません。その社会福祉士が主な業務として行っているものに「関係機関との連絡・調整」「相談」「管理業務」などが上げられ、以下の施設などで活躍しています。

・児童相談所、養護施設、知的障害児施設などの児童福祉法関係施設
・身体障害者更生施設、身体障害者療護施設等などの身体障害者福祉法関係施設
・救護施設、更生施設などの生活保護関係施設
・福祉事務所、社会福祉協議会などの社会福祉法関係事業所
・知的障害者更生施設、知的障害者授産施設などの知的障害者福祉法関係施設
・特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターなどの老人福祉法関係施設
・母子福祉センターなどの母子及び寡婦福祉法関係施設
・病院などの医療法関係施設

社会福祉士資格について

社会福祉資格は名称独占資格ですので、資格がなくてもこの業務につけないということもありませんが、社会福祉士資格を取得していれば専門職としてのあなたの評価はより高いものになるでしょう。

●資格の種類

国家資格

●受験資格

・4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
・2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者
・社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者
・児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司及び老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者。

●試験内容

・老人福祉論  ・社会保障論
・公的扶助論  ・地域福祉論
・心理学    ・社会学
・法学     ・医学一般
・老人福祉学  ・障害者福祉論
・児童福祉論  ・社会福祉援助技術
・介護概論

●合格率

合格率は概ね30%弱です。また、合格基準点は合格率に合わせるため概ね80-95点程度と幅があるのが特徴です。

社会福祉士 通信講座 一覧表

社会福祉士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
社会福祉士の講座案内を無料一括請求

社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

社会福祉士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

社会福祉士、ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

社会福祉士とは

社会福祉士とは、昭和62年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置付けられた、社会福祉業務に携わる者の国家資格で、専門知識、技術をもって、心身や環境上の理由から、日常生活を送ることに支障がある人たちの相談に応じ、助言、援助を行うための国家資格です。

社会福祉士資格の重要性

介護保険の導入などによって、福祉サービスへの需要が急速に増え続けている現在、福祉に関する専門的な相談・助言・指導を行う相談援助のプロフェッショナルである『社会福祉士』の必要性は増すばかりです。

しかし、この「社会福祉士」資格は、国家資格ですが医師や弁護士のように「業務独占」の資格ではなく、「名称独占」の資格のため、社会福祉士資格がなくても業務そのものは行えてしまいます。

現に「社会福祉士」の資格をもたない人が生活指導や、ソーシャルワーカーとして社会福祉士と同じ業務を行っているケースも少なくありません。

このようなケースも少なからずあることを考えると、社会福祉の専門家としての水準の高さを表す『社会福祉士』資格が必要になってくるのです。

社会福祉士の主な仕事

「社会福祉士及び介護福祉士法」には、社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」とされています。

社会福祉士の活躍の場や職種は様々です。しかし、職場や職種が違っても『ソーシャルワークを担う専門職』ということは変わりありません。その社会福祉士が主な業務として行っているものに「関係機関との連絡・調整」「相談」「管理業務」などが上げられ、以下の施設などで活躍しています。

・児童相談所、養護施設、知的障害児施設などの児童福祉法関係施設
・身体障害者更生施設、身体障害者療護施設等などの身体障害者福祉法関係施設
・救護施設、更生施設などの生活保護関係施設
・福祉事務所、社会福祉協議会などの社会福祉法関係事業所
・知的障害者更生施設、知的障害者授産施設などの知的障害者福祉法関係施設
・特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターなどの老人福祉法関係施設
・母子福祉センターなどの母子及び寡婦福祉法関係施設
・病院などの医療法関係施設

社会福祉士資格について

社会福祉資格は名称独占資格ですので、資格がなくてもこの業務につけないということもありませんが、社会福祉士資格を取得していれば専門職としてのあなたの評価はより高いものになるでしょう。

●資格の種類

国家資格

●受験資格

・4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
・2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者
・社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者
・児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司及び老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者。

●試験内容

・老人福祉論  ・社会保障論
・公的扶助論  ・地域福祉論
・心理学    ・社会学
・法学     ・医学一般
・老人福祉学  ・障害者福祉論
・児童福祉論  ・社会福祉援助技術
・介護概論

●合格率

合格率は概ね30%弱です。また、合格基準点は合格率に合わせるため概ね80-95点程度と幅があるのが特徴です。

社会福祉士 通信教育 講座

社会福祉士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
社会福祉士の講座案内を無料一括請求

社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

社会福祉士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

社会福祉士、ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

社会福祉士とは

社会福祉士とは、昭和62年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置付けられた、社会福祉業務に携わる者の国家資格で、専門知識、技術をもって、心身や環境上の理由から、日常生活を送ることに支障がある人たちの相談に応じ、助言、援助を行うための国家資格です。

社会福祉士資格の重要性

介護保険の導入などによって、福祉サービスへの需要が急速に増え続けている現在、福祉に関する専門的な相談・助言・指導を行う相談援助のプロフェッショナルである『社会福祉士』の必要性は増すばかりです。

しかし、この「社会福祉士」資格は、国家資格ですが医師や弁護士のように「業務独占」の資格ではなく、「名称独占」の資格のため、社会福祉士資格がなくても業務そのものは行えてしまいます。

現に「社会福祉士」の資格をもたない人が生活指導や、ソーシャルワーカーとして社会福祉士と同じ業務を行っているケースも少なくありません。

このようなケースも少なからずあることを考えると、社会福祉の専門家としての水準の高さを表す『社会福祉士』資格が必要になってくるのです。

社会福祉士の主な仕事

「社会福祉士及び介護福祉士法」には、社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」とされています。

社会福祉士の活躍の場や職種は様々です。しかし、職場や職種が違っても『ソーシャルワークを担う専門職』ということは変わりありません。その社会福祉士が主な業務として行っているものに「関係機関との連絡・調整」「相談」「管理業務」などが上げられ、以下の施設などで活躍しています。

・児童相談所、養護施設、知的障害児施設などの児童福祉法関係施設
・身体障害者更生施設、身体障害者療護施設等などの身体障害者福祉法関係施設
・救護施設、更生施設などの生活保護関係施設
・福祉事務所、社会福祉協議会などの社会福祉法関係事業所
・知的障害者更生施設、知的障害者授産施設などの知的障害者福祉法関係施設
・特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターなどの老人福祉法関係施設
・母子福祉センターなどの母子及び寡婦福祉法関係施設
・病院などの医療法関係施設

社会福祉士資格について

社会福祉資格は名称独占資格ですので、資格がなくてもこの業務につけないということもありませんが、社会福祉士資格を取得していれば専門職としてのあなたの評価はより高いものになるでしょう。

●資格の種類

国家資格

●受験資格

・4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
・2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者
・社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者
・児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司及び老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者。

●試験内容

・老人福祉論  ・社会保障論
・公的扶助論  ・地域福祉論
・心理学    ・社会学
・法学     ・医学一般
・老人福祉学  ・障害者福祉論
・児童福祉論  ・社会福祉援助技術
・介護概論

●合格率

合格率は概ね30%弱です。また、合格基準点は合格率に合わせるため概ね80-95点程度と幅があるのが特徴です。

社会福祉士 通信講座

社会福祉士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
社会福祉士の講座案内を無料一括請求

社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

社会福祉士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

社会福祉士、ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

社会福祉士とは

社会福祉士とは、昭和62年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置付けられた、社会福祉業務に携わる者の国家資格で、専門知識、技術をもって、心身や環境上の理由から、日常生活を送ることに支障がある人たちの相談に応じ、助言、援助を行うための国家資格です。

社会福祉士資格の重要性

介護保険の導入などによって、福祉サービスへの需要が急速に増え続けている現在、福祉に関する専門的な相談・助言・指導を行う相談援助のプロフェッショナルである『社会福祉士』の必要性は増すばかりです。

しかし、この「社会福祉士」資格は、国家資格ですが医師や弁護士のように「業務独占」の資格ではなく、「名称独占」の資格のため、社会福祉士資格がなくても業務そのものは行えてしまいます。

現に「社会福祉士」の資格をもたない人が生活指導や、ソーシャルワーカーとして社会福祉士と同じ業務を行っているケースも少なくありません。

このようなケースも少なからずあることを考えると、社会福祉の専門家としての水準の高さを表す『社会福祉士』資格が必要になってくるのです。

社会福祉士の主な仕事

「社会福祉士及び介護福祉士法」には、社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」とされています。

社会福祉士の活躍の場や職種は様々です。しかし、職場や職種が違っても『ソーシャルワークを担う専門職』ということは変わりありません。その社会福祉士が主な業務として行っているものに「関係機関との連絡・調整」「相談」「管理業務」などが上げられ、以下の施設などで活躍しています。

・児童相談所、養護施設、知的障害児施設などの児童福祉法関係施設
・身体障害者更生施設、身体障害者療護施設等などの身体障害者福祉法関係施設
・救護施設、更生施設などの生活保護関係施設
・福祉事務所、社会福祉協議会などの社会福祉法関係事業所
・知的障害者更生施設、知的障害者授産施設などの知的障害者福祉法関係施設
・特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターなどの老人福祉法関係施設
・母子福祉センターなどの母子及び寡婦福祉法関係施設
・病院などの医療法関係施設

社会福祉士資格について

社会福祉資格は名称独占資格ですので、資格がなくてもこの業務につけないということもありませんが、社会福祉士資格を取得していれば専門職としてのあなたの評価はより高いものになるでしょう。

●資格の種類

国家資格

●受験資格

・4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
・2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者
・社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者
・児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司及び老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者。

●試験内容

・老人福祉論  ・社会保障論
・公的扶助論  ・地域福祉論
・心理学    ・社会学
・法学     ・医学一般
・老人福祉学  ・障害者福祉論
・児童福祉論  ・社会福祉援助技術
・介護概論

●合格率

合格率は概ね30%弱です。また、合格基準点は合格率に合わせるため概ね80-95点程度と幅があるのが特徴です。

社会福祉士 通信教育

社会福祉士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
社会福祉士の講座案内を無料一括請求

社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
社会福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

社会福祉士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

社会福祉士、ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

社会福祉士とは

社会福祉士とは、昭和62年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置付けられた、社会福祉業務に携わる者の国家資格で、専門知識、技術をもって、心身や環境上の理由から、日常生活を送ることに支障がある人たちの相談に応じ、助言、援助を行うための国家資格です。

社会福祉士資格の重要性

介護保険の導入などによって、福祉サービスへの需要が急速に増え続けている現在、福祉に関する専門的な相談・助言・指導を行う相談援助のプロフェッショナルである『社会福祉士』の必要性は増すばかりです。

しかし、この「社会福祉士」資格は、国家資格ですが医師や弁護士のように「業務独占」の資格ではなく、「名称独占」の資格のため、社会福祉士資格がなくても業務そのものは行えてしまいます。

現に「社会福祉士」の資格をもたない人が生活指導や、ソーシャルワーカーとして社会福祉士と同じ業務を行っているケースも少なくありません。

このようなケースも少なからずあることを考えると、社会福祉の専門家としての水準の高さを表す『社会福祉士』資格が必要になってくるのです。

社会福祉士の主な仕事

「社会福祉士及び介護福祉士法」には、社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」とされています。

社会福祉士の活躍の場や職種は様々です。しかし、職場や職種が違っても『ソーシャルワークを担う専門職』ということは変わりありません。その社会福祉士が主な業務として行っているものに「関係機関との連絡・調整」「相談」「管理業務」などが上げられ、以下の施設などで活躍しています。

・児童相談所、養護施設、知的障害児施設などの児童福祉法関係施設
・身体障害者更生施設、身体障害者療護施設等などの身体障害者福祉法関係施設
・救護施設、更生施設などの生活保護関係施設
・福祉事務所、社会福祉協議会などの社会福祉法関係事業所
・知的障害者更生施設、知的障害者授産施設などの知的障害者福祉法関係施設
・特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターなどの老人福祉法関係施設
・母子福祉センターなどの母子及び寡婦福祉法関係施設
・病院などの医療法関係施設

社会福祉士資格について

社会福祉資格は名称独占資格ですので、資格がなくてもこの業務につけないということもありませんが、社会福祉士資格を取得していれば専門職としてのあなたの評価はより高いものになるでしょう。

●資格の種類

国家資格

●受験資格

・4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
・2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者
・社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者
・児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司及び老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者。

●試験内容

・老人福祉論  ・社会保障論
・公的扶助論  ・地域福祉論
・心理学    ・社会学
・法学     ・医学一般
・老人福祉学  ・障害者福祉論
・児童福祉論  ・社会福祉援助技術
・介護概論

●合格率

合格率は概ね30%弱です。また、合格基準点は合格率に合わせるため概ね80-95点程度と幅があるのが特徴です。

2007年03月05日

介護福祉士 求人

介護福祉士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護福祉士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

介護福祉士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
介護福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

介護福祉士とは

介護福祉士とは、別名「ケアワーカー」とも呼ばれるもので、介護福祉分野における唯一の国家資格の専門職で、介護の必要な高齢者や障害者の生活全般にわたって介護や援助を行なう介護のエキスパートです。

ホームヘルパーとの違い

「ホームヘルパー」と「介護福祉士」の業務内容には、大きな差はありません。しかし、ホームヘルパーとの大きな違いがあります。それは、資格の違いです。

ホームヘルパー資格は各都道府県の認可を受けた教育機関が行う講習を受講し、修了証明書を発行してもらいます。この修了証明書は全国で通用するものです。資格の種類としては「公的資格」になります。

一方の介護福祉士は「国家資格」のため、試験に合格する必要があります。受講修了で資格の取れるホームヘルパーと違い、試験に合格しなければなりませんが、就職・転職時には断然有利になります。また、雇用側からの信頼も厚くなり資格手当てなど優遇される場合もあります。

同じ内容の仕事をするにしても、待遇面でのことを考えると、手軽に取得できる「ホームヘルパー」もいいですが、将来的なことを考えると、やはり私は「介護福祉士」の資格取得をオススメします。

介護福祉士の主な仕事

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などの施設、または、要介護者の自宅で、高齢者や障害者の方たちの食事の世話、入浴の補助、排泄補助などをのお手伝いを行ないます。

介護福祉士のお仕事は、あくまでお手伝いなのです。しかし、お手伝いはしますが決して、「お手伝いさん」ではありません。

どういうことかといいますと、介護福祉士のするお手伝いとは、介護サービス利用者(高齢者、障害者などの方)の自己選択・自己決定を大切にしながら、自立した生活ができるように支援することなのです。何でもやってしまう「お手伝いさん」ではないということです。

自立のお手伝いを行うためには、介護サービス利用者の心身の状態や、周りの環境などを十分理解することが重要になってきます。利用者のことがよくわからなくては、よりよいサービスを提供できません。

介護福祉士資格について

介護福祉分野における唯一の国家資格の専門職で、介護の必要な高齢者や障害者の生活全般にわたって介護や援助を行なう福祉のエキスパートです。

●資格の種類

国家資格です。

●受験資格 ・実務経験による受験 (3年以上介護等の業務に従事した者)
(社会福祉士及び介護福祉士法第40条第2項第1号)

・福祉系高等学校など卒業による受験
(社会福祉士及び介護福祉士法第40条第2項第2号)

●試験内容

【筆記試験】

・社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、社会福祉援助技術(演習を含む。)、レクリエーション活動援助法、老人・障害者の心理、家政学概論、医学一般、精神保健、介護概論、介護技術、形態別介護技術

【実技試験】

・介護等に関する専門的技能

●合格率

介護福祉士の国家試験合格率は毎年約3割から5割程度です。

介護福祉士資格の取得方法①養成施設

介護福祉士になるには国家資格が必要で、介護福祉士の国家資格の取得には、大きく分ると2つの取得方法があります。

1・厚生労働省の指定する養成施設を卒業し、資格取得する。(国家試験不要)
2・介護福祉士国家試験に合格し、資格取得する。

まず、資格取得するには、以下のように厚生労働大臣の指定した養成施設を卒業しなければなりません。

介護福祉士

図中の養成施設というのは厚生労働省の指定する養成施設のことで、以下のような施設があります。

・文部科学大臣、厚生労働大臣の指定する大学、短期大学、専修、各種学校

・厚生労働大臣の指定する職業訓練校

・厚生労働大臣の指定する社会福祉法人、医療法人

介護福祉士資格の取得方法②国家試験

次に、この国家試験ですが、受験資格を満たした人だけが受験することができます。

主に、3年以上介護等の業務に従事した人か 福祉系高等学校を卒業した人が対象です。この試験に合格すると介護福祉士資格が取得できるのです。

介護福祉士

国家試験を受けようとする方はその受験資格を確認してください。

3年以上介護等の業務に従事した人の、「介護等の業務」とは、「身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと」です。

そして3年以上とは以下のとおりです。

・従業期間: 1,095日以上
・従事日数: 540日以上

次に福祉系高等学校等を卒業した人ですが、以下の表を参考に受験資格があるか確認してください。

区 分 詳 細
福祉系高等学校
卒業者
(見込み者含む)
 学校教育法による高等学校又は中等教育学校(専攻科及び別科を除く。)において、社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第21条に定める教科目・単位数(別表1)を修めて卒業した者(卒業する見込みの者を含む。)・大学へ「飛び入学」した者
福祉系高等学校専攻科卒業者
(見込み者含む)
 学校教育法による高等学校又は中等教育学校の専攻科(修業年限2年以上)において、社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第21条に定める科目・単位数(別表2)を修めて卒業した者(卒業する見込みの者を含む。)

別表1

教  科 科  目 単位数
福 祉 社会福祉基礎
社会福祉制度
基礎介護
社会福祉援助技術
社会福祉実習
社会福祉演習
家 庭 家庭総合
看 護 看護基礎医学
合   計 34

別表2

科  目 単位数
社会福祉概論
社会福祉原論及び社会保障論
老人福祉論
障害者福祉論
社会福祉援助技術
社会福祉実習
社会福祉演習
心理学
家政学概論
医学一般
介護概論
合   計
33

介護福祉士 養成講座

介護福祉士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
介護福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

介護福祉士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護福祉士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

介護福祉士とは

介護福祉士とは、別名「ケアワーカー」とも呼ばれるもので、介護福祉分野における唯一の国家資格の専門職で、介護の必要な高齢者や障害者の生活全般にわたって介護や援助を行なう介護のエキスパートです。

ホームヘルパーとの違い

「ホームヘルパー」と「介護福祉士」の業務内容には、大きな差はありません。しかし、ホームヘルパーとの大きな違いがあります。それは、資格の違いです。

ホームヘルパー資格は各都道府県の認可を受けた教育機関が行う講習を受講し、修了証明書を発行してもらいます。この修了証明書は全国で通用するものです。資格の種類としては「公的資格」になります。

一方の介護福祉士は「国家資格」のため、試験に合格する必要があります。受講修了で資格の取れるホームヘルパーと違い、試験に合格しなければなりませんが、就職・転職時には断然有利になります。また、雇用側からの信頼も厚くなり資格手当てなど優遇される場合もあります。

同じ内容の仕事をするにしても、待遇面でのことを考えると、手軽に取得できる「ホームヘルパー」もいいですが、将来的なことを考えると、やはり私は「介護福祉士」の資格取得をオススメします。

介護福祉士の主な仕事

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などの施設、または、要介護者の自宅で、高齢者や障害者の方たちの食事の世話、入浴の補助、排泄補助などをのお手伝いを行ないます。

介護福祉士のお仕事は、あくまでお手伝いなのです。しかし、お手伝いはしますが決して、「お手伝いさん」ではありません。

どういうことかといいますと、介護福祉士のするお手伝いとは、介護サービス利用者(高齢者、障害者などの方)の自己選択・自己決定を大切にしながら、自立した生活ができるように支援することなのです。何でもやってしまう「お手伝いさん」ではないということです。

自立のお手伝いを行うためには、介護サービス利用者の心身の状態や、周りの環境などを十分理解することが重要になってきます。利用者のことがよくわからなくては、よりよいサービスを提供できません。

介護福祉士資格について

介護福祉分野における唯一の国家資格の専門職で、介護の必要な高齢者や障害者の生活全般にわたって介護や援助を行なう福祉のエキスパートです。

●資格の種類

国家資格です。

●受験資格 ・実務経験による受験 (3年以上介護等の業務に従事した者)
(社会福祉士及び介護福祉士法第40条第2項第1号)

・福祉系高等学校など卒業による受験
(社会福祉士及び介護福祉士法第40条第2項第2号)

●試験内容

【筆記試験】

・社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、社会福祉援助技術(演習を含む。)、レクリエーション活動援助法、老人・障害者の心理、家政学概論、医学一般、精神保健、介護概論、介護技術、形態別介護技術

【実技試験】

・介護等に関する専門的技能

●合格率

介護福祉士の国家試験合格率は毎年約3割から5割程度です。

介護福祉士資格の取得方法①養成施設

介護福祉士になるには国家資格が必要で、介護福祉士の国家資格の取得には、大きく分ると2つの取得方法があります。

1・厚生労働省の指定する養成施設を卒業し、資格取得する。(国家試験不要)
2・介護福祉士国家試験に合格し、資格取得する。

まず、資格取得するには、以下のように厚生労働大臣の指定した養成施設を卒業しなければなりません。

介護福祉士

図中の養成施設というのは厚生労働省の指定する養成施設のことで、以下のような施設があります。

・文部科学大臣、厚生労働大臣の指定する大学、短期大学、専修、各種学校

・厚生労働大臣の指定する職業訓練校

・厚生労働大臣の指定する社会福祉法人、医療法人

介護福祉士資格の取得方法②国家試験

次に、この国家試験ですが、受験資格を満たした人だけが受験することができます。

主に、3年以上介護等の業務に従事した人か 福祉系高等学校を卒業した人が対象です。この試験に合格すると介護福祉士資格が取得できるのです。

介護福祉士

国家試験を受けようとする方はその受験資格を確認してください。

3年以上介護等の業務に従事した人の、「介護等の業務」とは、「身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと」です。

そして3年以上とは以下のとおりです。

・従業期間: 1,095日以上
・従事日数: 540日以上

次に福祉系高等学校等を卒業した人ですが、以下の表を参考に受験資格があるか確認してください。

区 分 詳 細
福祉系高等学校
卒業者
(見込み者含む)
 学校教育法による高等学校又は中等教育学校(専攻科及び別科を除く。)において、社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第21条に定める教科目・単位数(別表1)を修めて卒業した者(卒業する見込みの者を含む。)・大学へ「飛び入学」した者
福祉系高等学校専攻科卒業者
(見込み者含む)
 学校教育法による高等学校又は中等教育学校の専攻科(修業年限2年以上)において、社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第21条に定める科目・単位数(別表2)を修めて卒業した者(卒業する見込みの者を含む。)

別表1

教  科 科  目 単位数
福 祉 社会福祉基礎
社会福祉制度
基礎介護
社会福祉援助技術
社会福祉実習
社会福祉演習
家 庭 家庭総合
看 護 看護基礎医学
合   計 34

別表2

科  目 単位数
社会福祉概論
社会福祉原論及び社会保障論
老人福祉論
障害者福祉論
社会福祉援助技術
社会福祉実習
社会福祉演習
心理学
家政学概論
医学一般
介護概論
合   計
33

介護福祉士 通信講座

介護福祉士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
介護福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

介護福祉士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護福祉士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

介護福祉士とは

介護福祉士とは、別名「ケアワーカー」とも呼ばれるもので、介護福祉分野における唯一の国家資格の専門職で、介護の必要な高齢者や障害者の生活全般にわたって介護や援助を行なう介護のエキスパートです。

ホームヘルパーとの違い

「ホームヘルパー」と「介護福祉士」の業務内容には、大きな差はありません。しかし、ホームヘルパーとの大きな違いがあります。それは、資格の違いです。

ホームヘルパー資格は各都道府県の認可を受けた教育機関が行う講習を受講し、修了証明書を発行してもらいます。この修了証明書は全国で通用するものです。資格の種類としては「公的資格」になります。

一方の介護福祉士は「国家資格」のため、試験に合格する必要があります。受講修了で資格の取れるホームヘルパーと違い、試験に合格しなければなりませんが、就職・転職時には断然有利になります。また、雇用側からの信頼も厚くなり資格手当てなど優遇される場合もあります。

同じ内容の仕事をするにしても、待遇面でのことを考えると、手軽に取得できる「ホームヘルパー」もいいですが、将来的なことを考えると、やはり私は「介護福祉士」の資格取得をオススメします。

介護福祉士の主な仕事

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などの施設、または、要介護者の自宅で、高齢者や障害者の方たちの食事の世話、入浴の補助、排泄補助などをのお手伝いを行ないます。

介護福祉士のお仕事は、あくまでお手伝いなのです。しかし、お手伝いはしますが決して、「お手伝いさん」ではありません。

どういうことかといいますと、介護福祉士のするお手伝いとは、介護サービス利用者(高齢者、障害者などの方)の自己選択・自己決定を大切にしながら、自立した生活ができるように支援することなのです。何でもやってしまう「お手伝いさん」ではないということです。

自立のお手伝いを行うためには、介護サービス利用者の心身の状態や、周りの環境などを十分理解することが重要になってきます。利用者のことがよくわからなくては、よりよいサービスを提供できません。

介護福祉士資格について

介護福祉分野における唯一の国家資格の専門職で、介護の必要な高齢者や障害者の生活全般にわたって介護や援助を行なう福祉のエキスパートです。

●資格の種類

国家資格です。

●受験資格 ・実務経験による受験 (3年以上介護等の業務に従事した者)
(社会福祉士及び介護福祉士法第40条第2項第1号)

・福祉系高等学校など卒業による受験
(社会福祉士及び介護福祉士法第40条第2項第2号)

●試験内容

【筆記試験】

・社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、社会福祉援助技術(演習を含む。)、レクリエーション活動援助法、老人・障害者の心理、家政学概論、医学一般、精神保健、介護概論、介護技術、形態別介護技術

【実技試験】

・介護等に関する専門的技能

●合格率

介護福祉士の国家試験合格率は毎年約3割から5割程度です。

介護福祉士資格の取得方法①養成施設

介護福祉士になるには国家資格が必要で、介護福祉士の国家資格の取得には、大きく分ると2つの取得方法があります。

1・厚生労働省の指定する養成施設を卒業し、資格取得する。(国家試験不要)
2・介護福祉士国家試験に合格し、資格取得する。

まず、資格取得するには、以下のように厚生労働大臣の指定した養成施設を卒業しなければなりません。

介護福祉士

図中の養成施設というのは厚生労働省の指定する養成施設のことで、以下のような施設があります。

・文部科学大臣、厚生労働大臣の指定する大学、短期大学、専修、各種学校

・厚生労働大臣の指定する職業訓練校

・厚生労働大臣の指定する社会福祉法人、医療法人

介護福祉士資格の取得方法②国家試験

次に、この国家試験ですが、受験資格を満たした人だけが受験することができます。

主に、3年以上介護等の業務に従事した人か 福祉系高等学校を卒業した人が対象です。この試験に合格すると介護福祉士資格が取得できるのです。

介護福祉士

国家試験を受けようとする方はその受験資格を確認してください。

3年以上介護等の業務に従事した人の、「介護等の業務」とは、「身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと」です。

そして3年以上とは以下のとおりです。

・従業期間: 1,095日以上
・従事日数: 540日以上

次に福祉系高等学校等を卒業した人ですが、以下の表を参考に受験資格があるか確認してください。

区 分 詳 細
福祉系高等学校
卒業者
(見込み者含む)
 学校教育法による高等学校又は中等教育学校(専攻科及び別科を除く。)において、社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第21条に定める教科目・単位数(別表1)を修めて卒業した者(卒業する見込みの者を含む。)・大学へ「飛び入学」した者
福祉系高等学校専攻科卒業者
(見込み者含む)
 学校教育法による高等学校又は中等教育学校の専攻科(修業年限2年以上)において、社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第21条に定める科目・単位数(別表2)を修めて卒業した者(卒業する見込みの者を含む。)

別表1

教  科 科  目 単位数
福 祉 社会福祉基礎
社会福祉制度
基礎介護
社会福祉援助技術
社会福祉実習
社会福祉演習
家 庭 家庭総合
看 護 看護基礎医学
合   計 34

別表2

科  目 単位数
社会福祉概論
社会福祉原論及び社会保障論
老人福祉論
障害者福祉論
社会福祉援助技術
社会福祉実習
社会福祉演習
心理学
家政学概論
医学一般
介護概論
合   計
33

介護福祉士 資格取得 講座

介護福祉士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
介護福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

介護福祉士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護福祉士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

介護福祉士とは

介護福祉士とは、別名「ケアワーカー」とも呼ばれるもので、介護福祉分野における唯一の国家資格の専門職で、介護の必要な高齢者や障害者の生活全般にわたって介護や援助を行なう介護のエキスパートです。

ホームヘルパーとの違い

「ホームヘルパー」と「介護福祉士」の業務内容には、大きな差はありません。しかし、ホームヘルパーとの大きな違いがあります。それは、資格の違いです。

ホームヘルパー資格は各都道府県の認可を受けた教育機関が行う講習を受講し、修了証明書を発行してもらいます。この修了証明書は全国で通用するものです。資格の種類としては「公的資格」になります。

一方の介護福祉士は「国家資格」のため、試験に合格する必要があります。受講修了で資格の取れるホームヘルパーと違い、試験に合格しなければなりませんが、就職・転職時には断然有利になります。また、雇用側からの信頼も厚くなり資格手当てなど優遇される場合もあります。

同じ内容の仕事をするにしても、待遇面でのことを考えると、手軽に取得できる「ホームヘルパー」もいいですが、将来的なことを考えると、やはり私は「介護福祉士」の資格取得をオススメします。

介護福祉士の主な仕事

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などの施設、または、要介護者の自宅で、高齢者や障害者の方たちの食事の世話、入浴の補助、排泄補助などをのお手伝いを行ないます。

介護福祉士のお仕事は、あくまでお手伝いなのです。しかし、お手伝いはしますが決して、「お手伝いさん」ではありません。

どういうことかといいますと、介護福祉士のするお手伝いとは、介護サービス利用者(高齢者、障害者などの方)の自己選択・自己決定を大切にしながら、自立した生活ができるように支援することなのです。何でもやってしまう「お手伝いさん」ではないということです。

自立のお手伝いを行うためには、介護サービス利用者の心身の状態や、周りの環境などを十分理解することが重要になってきます。利用者のことがよくわからなくては、よりよいサービスを提供できません。

介護福祉士資格について

介護福祉分野における唯一の国家資格の専門職で、介護の必要な高齢者や障害者の生活全般にわたって介護や援助を行なう福祉のエキスパートです。

●資格の種類

国家資格です。

●受験資格 ・実務経験による受験 (3年以上介護等の業務に従事した者)
(社会福祉士及び介護福祉士法第40条第2項第1号)

・福祉系高等学校など卒業による受験
(社会福祉士及び介護福祉士法第40条第2項第2号)

●試験内容

【筆記試験】

・社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、社会福祉援助技術(演習を含む。)、レクリエーション活動援助法、老人・障害者の心理、家政学概論、医学一般、精神保健、介護概論、介護技術、形態別介護技術

【実技試験】

・介護等に関する専門的技能

●合格率

介護福祉士の国家試験合格率は毎年約3割から5割程度です。

介護福祉士資格の取得方法①養成施設

介護福祉士になるには国家資格が必要で、介護福祉士の国家資格の取得には、大きく分ると2つの取得方法があります。

1・厚生労働省の指定する養成施設を卒業し、資格取得する。(国家試験不要)
2・介護福祉士国家試験に合格し、資格取得する。

まず、資格取得するには、以下のように厚生労働大臣の指定した養成施設を卒業しなければなりません。

介護福祉士

図中の養成施設というのは厚生労働省の指定する養成施設のことで、以下のような施設があります。

・文部科学大臣、厚生労働大臣の指定する大学、短期大学、専修、各種学校

・厚生労働大臣の指定する職業訓練校

・厚生労働大臣の指定する社会福祉法人、医療法人

介護福祉士資格の取得方法②国家試験

次に、この国家試験ですが、受験資格を満たした人だけが受験することができます。

主に、3年以上介護等の業務に従事した人か 福祉系高等学校を卒業した人が対象です。この試験に合格すると介護福祉士資格が取得できるのです。

介護福祉士

国家試験を受けようとする方はその受験資格を確認してください。

3年以上介護等の業務に従事した人の、「介護等の業務」とは、「身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと」です。

そして3年以上とは以下のとおりです。

・従業期間: 1,095日以上
・従事日数: 540日以上

次に福祉系高等学校等を卒業した人ですが、以下の表を参考に受験資格があるか確認してください。

区 分 詳 細
福祉系高等学校
卒業者
(見込み者含む)
 学校教育法による高等学校又は中等教育学校(専攻科及び別科を除く。)において、社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第21条に定める教科目・単位数(別表1)を修めて卒業した者(卒業する見込みの者を含む。)・大学へ「飛び入学」した者
福祉系高等学校専攻科卒業者
(見込み者含む)
 学校教育法による高等学校又は中等教育学校の専攻科(修業年限2年以上)において、社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第21条に定める科目・単位数(別表2)を修めて卒業した者(卒業する見込みの者を含む。)

別表1

教  科 科  目 単位数
福 祉 社会福祉基礎
社会福祉制度
基礎介護
社会福祉援助技術
社会福祉実習
社会福祉演習
家 庭 家庭総合
看 護 看護基礎医学
合   計 34

別表2

科  目 単位数
社会福祉概論
社会福祉原論及び社会保障論
老人福祉論
障害者福祉論
社会福祉援助技術
社会福祉実習
社会福祉演習
心理学
家政学概論
医学一般
介護概論
合   計
33

保育士 就職

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

保育士 派遣

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

保育士 募集

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

保育士 求人情報

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

求人 保育士

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

保育士 講座

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

保育士になりたい

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

通信教育 保育士

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

保育士 資格 取得

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

保育士 資格 講座

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

保育士 資格 通信講座

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

保育士 資格 通信教育

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

保育士 資格 取り方

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

保育士 資格 通信

保育士の講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

保育士の資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

語学習得と保育士資格取得のオーストラリア・ゴールドコースト長期9ヶ月留学

株式会社 学栄とイマジン エデュケーションオーストラリアの提携により、カリキュラムはもちろん、ホームスティで、習慣・伝統・文化に親しみながら、英語・英会話力を身に付けていただけるプログラムを実現しました。さらに、カリキュラム終了時には、オーストラリア認定「幼児教育資格ーサティフィケイトⅢ」を取得することができます。
オーストラリア・ゴールドコーストへの長期9ヶ月留学資料請求はこちら

保育士・ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

保育士、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

保育士とは

保育士とは、0歳から小学校就学前までの乳・幼児を保育するプロフェッショナルで、2003年から国家資格へと変わり、今非常に価値が高まっている資格です。

また2005年より、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の増設が図られており、それに伴って今後さらに保育士の需要が高まるものとされています。

さらにそれまでは、「保育士」とは女性だけに限られていた職業でしたが、昭和52年から男性も保育士の資格を取得できるようになり、今や、男女共に非常に人気の資格となっているのです。

保育士の仕事内容

保育士の仕事はたんに子どもの心身の欲求を満たしてやるだけでなく、豊かな人間性をもった子どもに育つように手助けするという大きな役割を担っています。子どもたちが心も体も健康に、そして幸せに育っていくように世話をする専門家なのです。

こどもと一緒に遊んだり、食事をさせたり、散歩に連れて行くなど、日常生活を共に過ごすのが保育士の仕事です。家よりも長い時間を過ごす保育所での生活を手助けすることで、こどもの成長に大きな影響を及ぼします。

保育士は、保護者と連携を取りながらこどもの成長を見守ります。連絡ノートなどを使いながら、こどもの様子を伝えるのも保育士の大切な仕事のひとつです。

保育士試験の難易度

保育士になるには、保育士資格の取得できる大学・短大・専門学校を卒業するか、保育士資格試験を受けて合格する必要があります。

ほとんどの人(約9割)は大学・短大等を卒業し保育士資格を取得します。保育士資格と幼稚園教諭の資格を2つとも取得できる学校が多いようです。

通信課程の大学や短期大学でも保育士資格の取得は可能なので、社会人の方にはそちらの方が何かと都合が良いかもしれません。また、保育士資格試験は難易度が比較的高い傾向があるので、卒業と同時に資格を取得できる学校を卒業して取得した方が無難な道でしょう。

国家試験に合格すれば保育士資格は取得できますが、試験は8科目にもおよび、合格率は例年10%前後と超難関です。

保育士の就職状況

保育士資格は学校に通うと取得できる為、取得者数に対しての好条件での受入れ先が少ないのが現状です。パート・アルバイト雇用の形態も多く、少子化で更に厳しくなる事が予想されます。

男性に関しては最近は採用する所も増えてきたようですが、女性に比べると依然厳しい状況です。

就職先は9割方、保育所に勤務することになります。その他の勤務先としては、児童養護施設、障害児施設、母子生活支援施設、ベビーホテルや商業施設に設置された保育所などが考えられます。

保育士の資質

もちろん第1条件は子供が好きなことです。そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

保育士試験概要

【受験資格】

(1)短大卒程度以上の者(ただし、1991年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

【試験内容】

●筆記:社会福祉/児童福祉/児童心理学および精神保健/保健衛生学および生理学/看護学および実習/栄養学および実習/保育原理および教育原理/保育実習

※筆記試験全科目合格者に対し実技試験を実施します。

●実技:音楽・言語・絵画製作(3分野から2分野選択)

【試験時期】

筆記試験8月、実技試験10月[東京]
※各都道府県によって異なります

【合格率】

6.1%(2003年度・東京)

【受験料】

12,700円(税込)

【問合せ先】

各都道府県児童福祉主管課

〔東京の場合〕
東京福祉保健局
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都福祉局総務部総務課広報係
TEL:03-5320-4032
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

ホームヘルパー 派遣

ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは、肉体的・精神的に日常生活を送るのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や身体の介護を行なうための公的資格で、『訪問介護員』という呼び名で呼ばれることもあります。

夫婦共働きの家庭や、核家族が当たり前になってきている今では、親との同居するということがなくなってきているため、高齢者夫婦、または高齢者の独居というケースも少なくありません。

こうした状況の中で、高齢者が寝たきりになってしまったり、認知症になってしまった時には、一人ではとても大変なことになってしまいます。 場合によっては、介護している側が肉体的・精神的に疲れてしまいダメになってしまいます。

家族みんなで介護を出来ればいいのかもしれませんが、若い夫婦の共働き、家族の核家族化などで現実的には不可能な場合が多いのです。 頑張って家族で介護を出来たとしても、計り知れないほどの大きな負担があるはずです。

このようなことを考えると、素人による介護ではなく、介護のプロ「ホームヘルパー」による介護というものが必要になってくるのです。

ホームヘルパー資格の種類

ホームヘルパーの資格には1級から3級まであります。ホームヘルパーとして働くにはこの資格が必要になります。一般的に最低限必要とされる資格は2級ですので皆さんも2級の取得から始めましょう。

ホームヘルパー資格には1級から3級までありますが、ここでは1級・2級を簡単に紹介します。

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー2級の上級資格で、 ホームヘルパー業務のより深い専門知識や技術に加え、事業所のヘルパーをとりまとめる主任ヘルパーなど中心的なヘルパーが取得する資格です。

【ホームヘルパー1級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→ヘルパー2級として介護実務経験を1年以上(180時間)の者

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で230時間の講習になります。

・講義 社会福祉関連制度とサービス、介護方法と技術などを学びます。

・実技 ケアマネジメント技術、技術指導と介護技術向上、困難事例対応術などを学びます。

・実習 痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、デイサービスセンター実習、チーム運営方式業務実習、在宅介護支援センター職員との同行訪問などを行います。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーになりたいと思ったら一般的に最低限必要とされる資格は2級です。ホームヘルパーを目指す方はも2級の取得から始めましょう。

【ホームヘルパー2級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→制限はありません。

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で130時間の講習になります。

・講義 福祉サービスの基本視点、社会福祉の制度とサービス、ホームヘルプサービスに関する知識などを学びます。

・実技 基本介護技術やケア計画の作成と記録・報告の技術等を学びます。

・実習 ホームヘルプサービス同行訪問や在宅サービス現場見学をします。

ホームヘルパーの仕事内容は、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問し、食事、排泄、入浴などの身体介護に関することや、調理、洗濯、掃除などの家事に関すること、また、生活、身上、介護に関する相談や助言などといった日常生活全般の援助を行います。

ホームヘルパー資格の必要性

介護に従事する者のレベルアップや地位向上のために、今後は介護従事者は「介護福祉士」資格を取得することが必須になると言われています。

制度移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありますが、ホームヘルパー有資格者には、研修受講時間の免除や受講方法などで優遇措置が取られるようです。

このことからわかるようにホームヘルパーの資格を持っている方には非常に有利に働くことになりそうです。まだホームヘルパー資格をお持ちでない方は早めに取得することをお勧めします。

これからの高齢化社会では、介護を必要とする者(要介護者)がますます増えると予想されます。そうなると、よりいっそう介護従事者の需要は高まります。

ホームヘルパー資格は養成学校での受講修了で資格の取得が出来ますので考えているより行動してみてはいかがでしょうか。(詳細については現在厚生労働省で検討中のため、上記内容に変更がある可能性があります。)

ホームヘルパーの主な仕事

ホームヘルパーの主な仕事には、
1.身体の介護に関すること
2.家事に関すること
3.相談・助言に関すること
の3つがあげられます。

ホームヘルパーはお手伝いさんではありません。ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする高齢者や身障者の方々(要介護者)に対して身体介護と家事援助などを行います。また、家族への介護技術の指導や精神面のケアなどもホームヘルパーにとって重要な仕事のひとつです。

しかし、ホームヘルパーのことをよく知らない人は、ようは「お手伝いさん」と思ってしまうケースがあるようです。でも、ホームヘルパーとお手伝いさんでは大きな違いがあることを知っておいてください。

ホームヘルパーは要介護者の方たちの自立のお手伝いをするのです。ただお手伝いをするだけではないのです。要介護者がどうすれば「自分らしさ」を取り戻せるか、介護を通じてお手伝いするのです。

これからホームヘルパーになろうと考えているならば単なるお手伝いではないということを覚えておいてください。そうすれば、きっとすばらしいホームヘルパーになれることでしょう。

ホームヘルパーは、家事に関する以下のことを行います。

・調理
・住居等の掃除、整理整頓
・その他必要な家事

ホームヘルパーの主は、相談・助言に関する以下のことを行います。

・各種援護制度の適用についての相談、助言指導
・生活、身上、介護に関する相談、助言指導
・その他必要な相談、助言指導

ホームヘルパーの待遇

現在、ホームヘルプ事業の大部分はパート勤務者に頼っており、収入の面を見ても、時間給で働いている人が多いのが現状です。

この場合の時間給とは、例えば午前中に2時間、午後から3時間就労した場合、合計5時間分のみの報酬が支払われるということで、利用者宅へ移動する時間や報告書を作成する時間は対象外になります。

確かに時間的に見れば細切れの労働ですが、何だかんだと結局は1日拘束されてしまう場合も多く、他の仕事に比べると収入の面では決して良い条件とはいえないようです。

しかし、仕事の内容から考えると中高年者が十分に力を発揮できる場面が多く、現実にパートヘルパー求人の記事では年齢が20歳ぐらいから55歳ぐらいまでが募集の対象となります。

気になる時間給については、ホームヘルパー(訪問介護員)2級以上取得、あるいは取得予定が条件で家事援助が1000円前後、身体介護が1500円前後(いずれも東京都下の場合です。

話題になった介護と家事の複合型は1300円前後ですが、この金額はこの先の介護保険のあり方、所属先の種類によって、また働く地域によって多少異なってきます。

24時間巡回型の仕事については、昼間勤務以外は一晩いくらという計算をする企業もあり、その場合は大体1万円前後が基準になっています。

利用者先への交通費は、かかった実費を支払うところもあれば、一部を支給するところ、まつたく支払われないところと様々です。

特に市民グループなどの小さな団体の場合は、サービスの提供先も限られているので、自転車や徒歩での移動を原則としているところがほとんどとなります。

正規職員のホームヘルパーは月額で約15万円~25万円、常勤ヘルパーは月額で15万円~20万円といったところで、両者とも勤続年数やキャリア、取得資格などが当然考慮されます。

パート勤務の場合は勤続年数に応じて10円単位で時給アップはありますが、基本的に初心者もベテランも待遇は同じとなります。

ホームヘルパー 募集

ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは、肉体的・精神的に日常生活を送るのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や身体の介護を行なうための公的資格で、『訪問介護員』という呼び名で呼ばれることもあります。

夫婦共働きの家庭や、核家族が当たり前になってきている今では、親との同居するということがなくなってきているため、高齢者夫婦、または高齢者の独居というケースも少なくありません。

こうした状況の中で、高齢者が寝たきりになってしまったり、認知症になってしまった時には、一人ではとても大変なことになってしまいます。 場合によっては、介護している側が肉体的・精神的に疲れてしまいダメになってしまいます。

家族みんなで介護を出来ればいいのかもしれませんが、若い夫婦の共働き、家族の核家族化などで現実的には不可能な場合が多いのです。 頑張って家族で介護を出来たとしても、計り知れないほどの大きな負担があるはずです。

このようなことを考えると、素人による介護ではなく、介護のプロ「ホームヘルパー」による介護というものが必要になってくるのです。

ホームヘルパー資格の種類

ホームヘルパーの資格には1級から3級まであります。ホームヘルパーとして働くにはこの資格が必要になります。一般的に最低限必要とされる資格は2級ですので皆さんも2級の取得から始めましょう。

ホームヘルパー資格には1級から3級までありますが、ここでは1級・2級を簡単に紹介します。

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー2級の上級資格で、 ホームヘルパー業務のより深い専門知識や技術に加え、事業所のヘルパーをとりまとめる主任ヘルパーなど中心的なヘルパーが取得する資格です。

【ホームヘルパー1級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→ヘルパー2級として介護実務経験を1年以上(180時間)の者

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で230時間の講習になります。

・講義 社会福祉関連制度とサービス、介護方法と技術などを学びます。

・実技 ケアマネジメント技術、技術指導と介護技術向上、困難事例対応術などを学びます。

・実習 痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、デイサービスセンター実習、チーム運営方式業務実習、在宅介護支援センター職員との同行訪問などを行います。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーになりたいと思ったら一般的に最低限必要とされる資格は2級です。ホームヘルパーを目指す方はも2級の取得から始めましょう。

【ホームヘルパー2級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→制限はありません。

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で130時間の講習になります。

・講義 福祉サービスの基本視点、社会福祉の制度とサービス、ホームヘルプサービスに関する知識などを学びます。

・実技 基本介護技術やケア計画の作成と記録・報告の技術等を学びます。

・実習 ホームヘルプサービス同行訪問や在宅サービス現場見学をします。

ホームヘルパーの仕事内容は、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問し、食事、排泄、入浴などの身体介護に関することや、調理、洗濯、掃除などの家事に関すること、また、生活、身上、介護に関する相談や助言などといった日常生活全般の援助を行います。

ホームヘルパー資格の必要性

介護に従事する者のレベルアップや地位向上のために、今後は介護従事者は「介護福祉士」資格を取得することが必須になると言われています。

制度移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありますが、ホームヘルパー有資格者には、研修受講時間の免除や受講方法などで優遇措置が取られるようです。

このことからわかるようにホームヘルパーの資格を持っている方には非常に有利に働くことになりそうです。まだホームヘルパー資格をお持ちでない方は早めに取得することをお勧めします。

これからの高齢化社会では、介護を必要とする者(要介護者)がますます増えると予想されます。そうなると、よりいっそう介護従事者の需要は高まります。

ホームヘルパー資格は養成学校での受講修了で資格の取得が出来ますので考えているより行動してみてはいかがでしょうか。(詳細については現在厚生労働省で検討中のため、上記内容に変更がある可能性があります。)

ホームヘルパーの主な仕事

ホームヘルパーの主な仕事には、
1.身体の介護に関すること
2.家事に関すること
3.相談・助言に関すること
の3つがあげられます。

ホームヘルパーはお手伝いさんではありません。ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする高齢者や身障者の方々(要介護者)に対して身体介護と家事援助などを行います。また、家族への介護技術の指導や精神面のケアなどもホームヘルパーにとって重要な仕事のひとつです。

しかし、ホームヘルパーのことをよく知らない人は、ようは「お手伝いさん」と思ってしまうケースがあるようです。でも、ホームヘルパーとお手伝いさんでは大きな違いがあることを知っておいてください。

ホームヘルパーは要介護者の方たちの自立のお手伝いをするのです。ただお手伝いをするだけではないのです。要介護者がどうすれば「自分らしさ」を取り戻せるか、介護を通じてお手伝いするのです。

これからホームヘルパーになろうと考えているならば単なるお手伝いではないということを覚えておいてください。そうすれば、きっとすばらしいホームヘルパーになれることでしょう。

ホームヘルパーは、家事に関する以下のことを行います。

・調理
・住居等の掃除、整理整頓
・その他必要な家事

ホームヘルパーの主は、相談・助言に関する以下のことを行います。

・各種援護制度の適用についての相談、助言指導
・生活、身上、介護に関する相談、助言指導
・その他必要な相談、助言指導

ホームヘルパーの待遇

現在、ホームヘルプ事業の大部分はパート勤務者に頼っており、収入の面を見ても、時間給で働いている人が多いのが現状です。

この場合の時間給とは、例えば午前中に2時間、午後から3時間就労した場合、合計5時間分のみの報酬が支払われるということで、利用者宅へ移動する時間や報告書を作成する時間は対象外になります。

確かに時間的に見れば細切れの労働ですが、何だかんだと結局は1日拘束されてしまう場合も多く、他の仕事に比べると収入の面では決して良い条件とはいえないようです。

しかし、仕事の内容から考えると中高年者が十分に力を発揮できる場面が多く、現実にパートヘルパー求人の記事では年齢が20歳ぐらいから55歳ぐらいまでが募集の対象となります。

気になる時間給については、ホームヘルパー(訪問介護員)2級以上取得、あるいは取得予定が条件で家事援助が1000円前後、身体介護が1500円前後(いずれも東京都下の場合です。

話題になった介護と家事の複合型は1300円前後ですが、この金額はこの先の介護保険のあり方、所属先の種類によって、また働く地域によって多少異なってきます。

24時間巡回型の仕事については、昼間勤務以外は一晩いくらという計算をする企業もあり、その場合は大体1万円前後が基準になっています。

利用者先への交通費は、かかった実費を支払うところもあれば、一部を支給するところ、まつたく支払われないところと様々です。

特に市民グループなどの小さな団体の場合は、サービスの提供先も限られているので、自転車や徒歩での移動を原則としているところがほとんどとなります。

正規職員のホームヘルパーは月額で約15万円~25万円、常勤ヘルパーは月額で15万円~20万円といったところで、両者とも勤続年数やキャリア、取得資格などが当然考慮されます。

パート勤務の場合は勤続年数に応じて10円単位で時給アップはありますが、基本的に初心者もベテランも待遇は同じとなります。

ホームヘルパー 求人

ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは、肉体的・精神的に日常生活を送るのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や身体の介護を行なうための公的資格で、『訪問介護員』という呼び名で呼ばれることもあります。

夫婦共働きの家庭や、核家族が当たり前になってきている今では、親との同居するということがなくなってきているため、高齢者夫婦、または高齢者の独居というケースも少なくありません。

こうした状況の中で、高齢者が寝たきりになってしまったり、認知症になってしまった時には、一人ではとても大変なことになってしまいます。 場合によっては、介護している側が肉体的・精神的に疲れてしまいダメになってしまいます。

家族みんなで介護を出来ればいいのかもしれませんが、若い夫婦の共働き、家族の核家族化などで現実的には不可能な場合が多いのです。 頑張って家族で介護を出来たとしても、計り知れないほどの大きな負担があるはずです。

このようなことを考えると、素人による介護ではなく、介護のプロ「ホームヘルパー」による介護というものが必要になってくるのです。

ホームヘルパー資格の種類

ホームヘルパーの資格には1級から3級まであります。ホームヘルパーとして働くにはこの資格が必要になります。一般的に最低限必要とされる資格は2級ですので皆さんも2級の取得から始めましょう。

ホームヘルパー資格には1級から3級までありますが、ここでは1級・2級を簡単に紹介します。

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー2級の上級資格で、 ホームヘルパー業務のより深い専門知識や技術に加え、事業所のヘルパーをとりまとめる主任ヘルパーなど中心的なヘルパーが取得する資格です。

【ホームヘルパー1級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→ヘルパー2級として介護実務経験を1年以上(180時間)の者

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で230時間の講習になります。

・講義 社会福祉関連制度とサービス、介護方法と技術などを学びます。

・実技 ケアマネジメント技術、技術指導と介護技術向上、困難事例対応術などを学びます。

・実習 痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、デイサービスセンター実習、チーム運営方式業務実習、在宅介護支援センター職員との同行訪問などを行います。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーになりたいと思ったら一般的に最低限必要とされる資格は2級です。ホームヘルパーを目指す方はも2級の取得から始めましょう。

【ホームヘルパー2級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→制限はありません。

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で130時間の講習になります。

・講義 福祉サービスの基本視点、社会福祉の制度とサービス、ホームヘルプサービスに関する知識などを学びます。

・実技 基本介護技術やケア計画の作成と記録・報告の技術等を学びます。

・実習 ホームヘルプサービス同行訪問や在宅サービス現場見学をします。

ホームヘルパーの仕事内容は、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問し、食事、排泄、入浴などの身体介護に関することや、調理、洗濯、掃除などの家事に関すること、また、生活、身上、介護に関する相談や助言などといった日常生活全般の援助を行います。

ホームヘルパー資格の必要性

介護に従事する者のレベルアップや地位向上のために、今後は介護従事者は「介護福祉士」資格を取得することが必須になると言われています。

制度移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありますが、ホームヘルパー有資格者には、研修受講時間の免除や受講方法などで優遇措置が取られるようです。

このことからわかるようにホームヘルパーの資格を持っている方には非常に有利に働くことになりそうです。まだホームヘルパー資格をお持ちでない方は早めに取得することをお勧めします。

これからの高齢化社会では、介護を必要とする者(要介護者)がますます増えると予想されます。そうなると、よりいっそう介護従事者の需要は高まります。

ホームヘルパー資格は養成学校での受講修了で資格の取得が出来ますので考えているより行動してみてはいかがでしょうか。(詳細については現在厚生労働省で検討中のため、上記内容に変更がある可能性があります。)

ホームヘルパーの主な仕事

ホームヘルパーの主な仕事には、
1.身体の介護に関すること
2.家事に関すること
3.相談・助言に関すること
の3つがあげられます。

ホームヘルパーはお手伝いさんではありません。ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする高齢者や身障者の方々(要介護者)に対して身体介護と家事援助などを行います。また、家族への介護技術の指導や精神面のケアなどもホームヘルパーにとって重要な仕事のひとつです。

しかし、ホームヘルパーのことをよく知らない人は、ようは「お手伝いさん」と思ってしまうケースがあるようです。でも、ホームヘルパーとお手伝いさんでは大きな違いがあることを知っておいてください。

ホームヘルパーは要介護者の方たちの自立のお手伝いをするのです。ただお手伝いをするだけではないのです。要介護者がどうすれば「自分らしさ」を取り戻せるか、介護を通じてお手伝いするのです。

これからホームヘルパーになろうと考えているならば単なるお手伝いではないということを覚えておいてください。そうすれば、きっとすばらしいホームヘルパーになれることでしょう。

ホームヘルパーは、家事に関する以下のことを行います。

・調理
・住居等の掃除、整理整頓
・その他必要な家事

ホームヘルパーの主は、相談・助言に関する以下のことを行います。

・各種援護制度の適用についての相談、助言指導
・生活、身上、介護に関する相談、助言指導
・その他必要な相談、助言指導

ホームヘルパーの待遇

現在、ホームヘルプ事業の大部分はパート勤務者に頼っており、収入の面を見ても、時間給で働いている人が多いのが現状です。

この場合の時間給とは、例えば午前中に2時間、午後から3時間就労した場合、合計5時間分のみの報酬が支払われるということで、利用者宅へ移動する時間や報告書を作成する時間は対象外になります。

確かに時間的に見れば細切れの労働ですが、何だかんだと結局は1日拘束されてしまう場合も多く、他の仕事に比べると収入の面では決して良い条件とはいえないようです。

しかし、仕事の内容から考えると中高年者が十分に力を発揮できる場面が多く、現実にパートヘルパー求人の記事では年齢が20歳ぐらいから55歳ぐらいまでが募集の対象となります。

気になる時間給については、ホームヘルパー(訪問介護員)2級以上取得、あるいは取得予定が条件で家事援助が1000円前後、身体介護が1500円前後(いずれも東京都下の場合です。

話題になった介護と家事の複合型は1300円前後ですが、この金額はこの先の介護保険のあり方、所属先の種類によって、また働く地域によって多少異なってきます。

24時間巡回型の仕事については、昼間勤務以外は一晩いくらという計算をする企業もあり、その場合は大体1万円前後が基準になっています。

利用者先への交通費は、かかった実費を支払うところもあれば、一部を支給するところ、まつたく支払われないところと様々です。

特に市民グループなどの小さな団体の場合は、サービスの提供先も限られているので、自転車や徒歩での移動を原則としているところがほとんどとなります。

正規職員のホームヘルパーは月額で約15万円~25万円、常勤ヘルパーは月額で15万円~20万円といったところで、両者とも勤続年数やキャリア、取得資格などが当然考慮されます。

パート勤務の場合は勤続年数に応じて10円単位で時給アップはありますが、基本的に初心者もベテランも待遇は同じとなります。

通信講座 ホームヘルパー

ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは、肉体的・精神的に日常生活を送るのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や身体の介護を行なうための公的資格で、『訪問介護員』という呼び名で呼ばれることもあります。

夫婦共働きの家庭や、核家族が当たり前になってきている今では、親との同居するということがなくなってきているため、高齢者夫婦、または高齢者の独居というケースも少なくありません。

こうした状況の中で、高齢者が寝たきりになってしまったり、認知症になってしまった時には、一人ではとても大変なことになってしまいます。 場合によっては、介護している側が肉体的・精神的に疲れてしまいダメになってしまいます。

家族みんなで介護を出来ればいいのかもしれませんが、若い夫婦の共働き、家族の核家族化などで現実的には不可能な場合が多いのです。 頑張って家族で介護を出来たとしても、計り知れないほどの大きな負担があるはずです。

このようなことを考えると、素人による介護ではなく、介護のプロ「ホームヘルパー」による介護というものが必要になってくるのです。

ホームヘルパー資格の種類

ホームヘルパーの資格には1級から3級まであります。ホームヘルパーとして働くにはこの資格が必要になります。一般的に最低限必要とされる資格は2級ですので皆さんも2級の取得から始めましょう。

ホームヘルパー資格には1級から3級までありますが、ここでは1級・2級を簡単に紹介します。

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー2級の上級資格で、 ホームヘルパー業務のより深い専門知識や技術に加え、事業所のヘルパーをとりまとめる主任ヘルパーなど中心的なヘルパーが取得する資格です。

【ホームヘルパー1級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→ヘルパー2級として介護実務経験を1年以上(180時間)の者

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で230時間の講習になります。

・講義 社会福祉関連制度とサービス、介護方法と技術などを学びます。

・実技 ケアマネジメント技術、技術指導と介護技術向上、困難事例対応術などを学びます。

・実習 痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、デイサービスセンター実習、チーム運営方式業務実習、在宅介護支援センター職員との同行訪問などを行います。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーになりたいと思ったら一般的に最低限必要とされる資格は2級です。ホームヘルパーを目指す方はも2級の取得から始めましょう。

【ホームヘルパー2級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→制限はありません。

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で130時間の講習になります。

・講義 福祉サービスの基本視点、社会福祉の制度とサービス、ホームヘルプサービスに関する知識などを学びます。

・実技 基本介護技術やケア計画の作成と記録・報告の技術等を学びます。

・実習 ホームヘルプサービス同行訪問や在宅サービス現場見学をします。

ホームヘルパーの仕事内容は、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問し、食事、排泄、入浴などの身体介護に関することや、調理、洗濯、掃除などの家事に関すること、また、生活、身上、介護に関する相談や助言などといった日常生活全般の援助を行います。

ホームヘルパー資格の必要性

介護に従事する者のレベルアップや地位向上のために、今後は介護従事者は「介護福祉士」資格を取得することが必須になると言われています。

制度移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありますが、ホームヘルパー有資格者には、研修受講時間の免除や受講方法などで優遇措置が取られるようです。

このことからわかるようにホームヘルパーの資格を持っている方には非常に有利に働くことになりそうです。まだホームヘルパー資格をお持ちでない方は早めに取得することをお勧めします。

これからの高齢化社会では、介護を必要とする者(要介護者)がますます増えると予想されます。そうなると、よりいっそう介護従事者の需要は高まります。

ホームヘルパー資格は養成学校での受講修了で資格の取得が出来ますので考えているより行動してみてはいかがでしょうか。(詳細については現在厚生労働省で検討中のため、上記内容に変更がある可能性があります。)

ホームヘルパーの主な仕事

ホームヘルパーの主な仕事には、
1.身体の介護に関すること
2.家事に関すること
3.相談・助言に関すること
の3つがあげられます。

ホームヘルパーはお手伝いさんではありません。ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする高齢者や身障者の方々(要介護者)に対して身体介護と家事援助などを行います。また、家族への介護技術の指導や精神面のケアなどもホームヘルパーにとって重要な仕事のひとつです。

しかし、ホームヘルパーのことをよく知らない人は、ようは「お手伝いさん」と思ってしまうケースがあるようです。でも、ホームヘルパーとお手伝いさんでは大きな違いがあることを知っておいてください。

ホームヘルパーは要介護者の方たちの自立のお手伝いをするのです。ただお手伝いをするだけではないのです。要介護者がどうすれば「自分らしさ」を取り戻せるか、介護を通じてお手伝いするのです。

これからホームヘルパーになろうと考えているならば単なるお手伝いではないということを覚えておいてください。そうすれば、きっとすばらしいホームヘルパーになれることでしょう。

ホームヘルパーは、家事に関する以下のことを行います。

・調理
・住居等の掃除、整理整頓
・その他必要な家事

ホームヘルパーの主は、相談・助言に関する以下のことを行います。

・各種援護制度の適用についての相談、助言指導
・生活、身上、介護に関する相談、助言指導
・その他必要な相談、助言指導

ホームヘルパーの待遇

現在、ホームヘルプ事業の大部分はパート勤務者に頼っており、収入の面を見ても、時間給で働いている人が多いのが現状です。

この場合の時間給とは、例えば午前中に2時間、午後から3時間就労した場合、合計5時間分のみの報酬が支払われるということで、利用者宅へ移動する時間や報告書を作成する時間は対象外になります。

確かに時間的に見れば細切れの労働ですが、何だかんだと結局は1日拘束されてしまう場合も多く、他の仕事に比べると収入の面では決して良い条件とはいえないようです。

しかし、仕事の内容から考えると中高年者が十分に力を発揮できる場面が多く、現実にパートヘルパー求人の記事では年齢が20歳ぐらいから55歳ぐらいまでが募集の対象となります。

気になる時間給については、ホームヘルパー(訪問介護員)2級以上取得、あるいは取得予定が条件で家事援助が1000円前後、身体介護が1500円前後(いずれも東京都下の場合です。

話題になった介護と家事の複合型は1300円前後ですが、この金額はこの先の介護保険のあり方、所属先の種類によって、また働く地域によって多少異なってきます。

24時間巡回型の仕事については、昼間勤務以外は一晩いくらという計算をする企業もあり、その場合は大体1万円前後が基準になっています。

利用者先への交通費は、かかった実費を支払うところもあれば、一部を支給するところ、まつたく支払われないところと様々です。

特に市民グループなどの小さな団体の場合は、サービスの提供先も限られているので、自転車や徒歩での移動を原則としているところがほとんどとなります。

正規職員のホームヘルパーは月額で約15万円~25万円、常勤ヘルパーは月額で15万円~20万円といったところで、両者とも勤続年数やキャリア、取得資格などが当然考慮されます。

パート勤務の場合は勤続年数に応じて10円単位で時給アップはありますが、基本的に初心者もベテランも待遇は同じとなります。

ホームヘルパー 1級 講座

ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは、肉体的・精神的に日常生活を送るのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や身体の介護を行なうための公的資格で、『訪問介護員』という呼び名で呼ばれることもあります。

夫婦共働きの家庭や、核家族が当たり前になってきている今では、親との同居するということがなくなってきているため、高齢者夫婦、または高齢者の独居というケースも少なくありません。

こうした状況の中で、高齢者が寝たきりになってしまったり、認知症になってしまった時には、一人ではとても大変なことになってしまいます。 場合によっては、介護している側が肉体的・精神的に疲れてしまいダメになってしまいます。

家族みんなで介護を出来ればいいのかもしれませんが、若い夫婦の共働き、家族の核家族化などで現実的には不可能な場合が多いのです。 頑張って家族で介護を出来たとしても、計り知れないほどの大きな負担があるはずです。

このようなことを考えると、素人による介護ではなく、介護のプロ「ホームヘルパー」による介護というものが必要になってくるのです。

ホームヘルパー資格の種類

ホームヘルパーの資格には1級から3級まであります。ホームヘルパーとして働くにはこの資格が必要になります。一般的に最低限必要とされる資格は2級ですので皆さんも2級の取得から始めましょう。

ホームヘルパー資格には1級から3級までありますが、ここでは1級・2級を簡単に紹介します。

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー2級の上級資格で、 ホームヘルパー業務のより深い専門知識や技術に加え、事業所のヘルパーをとりまとめる主任ヘルパーなど中心的なヘルパーが取得する資格です。

【ホームヘルパー1級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→ヘルパー2級として介護実務経験を1年以上(180時間)の者

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で230時間の講習になります。

・講義 社会福祉関連制度とサービス、介護方法と技術などを学びます。

・実技 ケアマネジメント技術、技術指導と介護技術向上、困難事例対応術などを学びます。

・実習 痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、デイサービスセンター実習、チーム運営方式業務実習、在宅介護支援センター職員との同行訪問などを行います。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーになりたいと思ったら一般的に最低限必要とされる資格は2級です。ホームヘルパーを目指す方はも2級の取得から始めましょう。

【ホームヘルパー2級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→制限はありません。

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で130時間の講習になります。

・講義 福祉サービスの基本視点、社会福祉の制度とサービス、ホームヘルプサービスに関する知識などを学びます。

・実技 基本介護技術やケア計画の作成と記録・報告の技術等を学びます。

・実習 ホームヘルプサービス同行訪問や在宅サービス現場見学をします。

ホームヘルパーの仕事内容は、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問し、食事、排泄、入浴などの身体介護に関することや、調理、洗濯、掃除などの家事に関すること、また、生活、身上、介護に関する相談や助言などといった日常生活全般の援助を行います。

ホームヘルパー資格の必要性

介護に従事する者のレベルアップや地位向上のために、今後は介護従事者は「介護福祉士」資格を取得することが必須になると言われています。

制度移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありますが、ホームヘルパー有資格者には、研修受講時間の免除や受講方法などで優遇措置が取られるようです。

このことからわかるようにホームヘルパーの資格を持っている方には非常に有利に働くことになりそうです。まだホームヘルパー資格をお持ちでない方は早めに取得することをお勧めします。

これからの高齢化社会では、介護を必要とする者(要介護者)がますます増えると予想されます。そうなると、よりいっそう介護従事者の需要は高まります。

ホームヘルパー資格は養成学校での受講修了で資格の取得が出来ますので考えているより行動してみてはいかがでしょうか。(詳細については現在厚生労働省で検討中のため、上記内容に変更がある可能性があります。)

ホームヘルパーの主な仕事

ホームヘルパーの主な仕事には、
1.身体の介護に関すること
2.家事に関すること
3.相談・助言に関すること
の3つがあげられます。

ホームヘルパーはお手伝いさんではありません。ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする高齢者や身障者の方々(要介護者)に対して身体介護と家事援助などを行います。また、家族への介護技術の指導や精神面のケアなどもホームヘルパーにとって重要な仕事のひとつです。

しかし、ホームヘルパーのことをよく知らない人は、ようは「お手伝いさん」と思ってしまうケースがあるようです。でも、ホームヘルパーとお手伝いさんでは大きな違いがあることを知っておいてください。

ホームヘルパーは要介護者の方たちの自立のお手伝いをするのです。ただお手伝いをするだけではないのです。要介護者がどうすれば「自分らしさ」を取り戻せるか、介護を通じてお手伝いするのです。

これからホームヘルパーになろうと考えているならば単なるお手伝いではないということを覚えておいてください。そうすれば、きっとすばらしいホームヘルパーになれることでしょう。

ホームヘルパーは、家事に関する以下のことを行います。

・調理
・住居等の掃除、整理整頓
・その他必要な家事

ホームヘルパーの主は、相談・助言に関する以下のことを行います。

・各種援護制度の適用についての相談、助言指導
・生活、身上、介護に関する相談、助言指導
・その他必要な相談、助言指導

ホームヘルパーの待遇

現在、ホームヘルプ事業の大部分はパート勤務者に頼っており、収入の面を見ても、時間給で働いている人が多いのが現状です。

この場合の時間給とは、例えば午前中に2時間、午後から3時間就労した場合、合計5時間分のみの報酬が支払われるということで、利用者宅へ移動する時間や報告書を作成する時間は対象外になります。

確かに時間的に見れば細切れの労働ですが、何だかんだと結局は1日拘束されてしまう場合も多く、他の仕事に比べると収入の面では決して良い条件とはいえないようです。

しかし、仕事の内容から考えると中高年者が十分に力を発揮できる場面が多く、現実にパートヘルパー求人の記事では年齢が20歳ぐらいから55歳ぐらいまでが募集の対象となります。

気になる時間給については、ホームヘルパー(訪問介護員)2級以上取得、あるいは取得予定が条件で家事援助が1000円前後、身体介護が1500円前後(いずれも東京都下の場合です。

話題になった介護と家事の複合型は1300円前後ですが、この金額はこの先の介護保険のあり方、所属先の種類によって、また働く地域によって多少異なってきます。

24時間巡回型の仕事については、昼間勤務以外は一晩いくらという計算をする企業もあり、その場合は大体1万円前後が基準になっています。

利用者先への交通費は、かかった実費を支払うところもあれば、一部を支給するところ、まつたく支払われないところと様々です。

特に市民グループなどの小さな団体の場合は、サービスの提供先も限られているので、自転車や徒歩での移動を原則としているところがほとんどとなります。

正規職員のホームヘルパーは月額で約15万円~25万円、常勤ヘルパーは月額で15万円~20万円といったところで、両者とも勤続年数やキャリア、取得資格などが当然考慮されます。

パート勤務の場合は勤続年数に応じて10円単位で時給アップはありますが、基本的に初心者もベテランも待遇は同じとなります。

ホームヘルパー 通信教育

ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは、肉体的・精神的に日常生活を送るのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や身体の介護を行なうための公的資格で、『訪問介護員』という呼び名で呼ばれることもあります。

夫婦共働きの家庭や、核家族が当たり前になってきている今では、親との同居するということがなくなってきているため、高齢者夫婦、または高齢者の独居というケースも少なくありません。

こうした状況の中で、高齢者が寝たきりになってしまったり、認知症になってしまった時には、一人ではとても大変なことになってしまいます。 場合によっては、介護している側が肉体的・精神的に疲れてしまいダメになってしまいます。

家族みんなで介護を出来ればいいのかもしれませんが、若い夫婦の共働き、家族の核家族化などで現実的には不可能な場合が多いのです。 頑張って家族で介護を出来たとしても、計り知れないほどの大きな負担があるはずです。

このようなことを考えると、素人による介護ではなく、介護のプロ「ホームヘルパー」による介護というものが必要になってくるのです。

ホームヘルパー資格の種類

ホームヘルパーの資格には1級から3級まであります。ホームヘルパーとして働くにはこの資格が必要になります。一般的に最低限必要とされる資格は2級ですので皆さんも2級の取得から始めましょう。

ホームヘルパー資格には1級から3級までありますが、ここでは1級・2級を簡単に紹介します。

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー2級の上級資格で、 ホームヘルパー業務のより深い専門知識や技術に加え、事業所のヘルパーをとりまとめる主任ヘルパーなど中心的なヘルパーが取得する資格です。

【ホームヘルパー1級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→ヘルパー2級として介護実務経験を1年以上(180時間)の者

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で230時間の講習になります。

・講義 社会福祉関連制度とサービス、介護方法と技術などを学びます。

・実技 ケアマネジメント技術、技術指導と介護技術向上、困難事例対応術などを学びます。

・実習 痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、デイサービスセンター実習、チーム運営方式業務実習、在宅介護支援センター職員との同行訪問などを行います。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーになりたいと思ったら一般的に最低限必要とされる資格は2級です。ホームヘルパーを目指す方はも2級の取得から始めましょう。

【ホームヘルパー2級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→制限はありません。

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で130時間の講習になります。

・講義 福祉サービスの基本視点、社会福祉の制度とサービス、ホームヘルプサービスに関する知識などを学びます。

・実技 基本介護技術やケア計画の作成と記録・報告の技術等を学びます。

・実習 ホームヘルプサービス同行訪問や在宅サービス現場見学をします。

ホームヘルパーの仕事内容は、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問し、食事、排泄、入浴などの身体介護に関することや、調理、洗濯、掃除などの家事に関すること、また、生活、身上、介護に関する相談や助言などといった日常生活全般の援助を行います。

ホームヘルパー資格の必要性

介護に従事する者のレベルアップや地位向上のために、今後は介護従事者は「介護福祉士」資格を取得することが必須になると言われています。

制度移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありますが、ホームヘルパー有資格者には、研修受講時間の免除や受講方法などで優遇措置が取られるようです。

このことからわかるようにホームヘルパーの資格を持っている方には非常に有利に働くことになりそうです。まだホームヘルパー資格をお持ちでない方は早めに取得することをお勧めします。

これからの高齢化社会では、介護を必要とする者(要介護者)がますます増えると予想されます。そうなると、よりいっそう介護従事者の需要は高まります。

ホームヘルパー資格は養成学校での受講修了で資格の取得が出来ますので考えているより行動してみてはいかがでしょうか。(詳細については現在厚生労働省で検討中のため、上記内容に変更がある可能性があります。)

ホームヘルパーの主な仕事

ホームヘルパーの主な仕事には、
1.身体の介護に関すること
2.家事に関すること
3.相談・助言に関すること
の3つがあげられます。

ホームヘルパーはお手伝いさんではありません。ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする高齢者や身障者の方々(要介護者)に対して身体介護と家事援助などを行います。また、家族への介護技術の指導や精神面のケアなどもホームヘルパーにとって重要な仕事のひとつです。

しかし、ホームヘルパーのことをよく知らない人は、ようは「お手伝いさん」と思ってしまうケースがあるようです。でも、ホームヘルパーとお手伝いさんでは大きな違いがあることを知っておいてください。

ホームヘルパーは要介護者の方たちの自立のお手伝いをするのです。ただお手伝いをするだけではないのです。要介護者がどうすれば「自分らしさ」を取り戻せるか、介護を通じてお手伝いするのです。

これからホームヘルパーになろうと考えているならば単なるお手伝いではないということを覚えておいてください。そうすれば、きっとすばらしいホームヘルパーになれることでしょう。

ホームヘルパーは、家事に関する以下のことを行います。

・調理
・住居等の掃除、整理整頓
・その他必要な家事

ホームヘルパーの主は、相談・助言に関する以下のことを行います。

・各種援護制度の適用についての相談、助言指導
・生活、身上、介護に関する相談、助言指導
・その他必要な相談、助言指導

ホームヘルパーの待遇

現在、ホームヘルプ事業の大部分はパート勤務者に頼っており、収入の面を見ても、時間給で働いている人が多いのが現状です。

この場合の時間給とは、例えば午前中に2時間、午後から3時間就労した場合、合計5時間分のみの報酬が支払われるということで、利用者宅へ移動する時間や報告書を作成する時間は対象外になります。

確かに時間的に見れば細切れの労働ですが、何だかんだと結局は1日拘束されてしまう場合も多く、他の仕事に比べると収入の面では決して良い条件とはいえないようです。

しかし、仕事の内容から考えると中高年者が十分に力を発揮できる場面が多く、現実にパートヘルパー求人の記事では年齢が20歳ぐらいから55歳ぐらいまでが募集の対象となります。

気になる時間給については、ホームヘルパー(訪問介護員)2級以上取得、あるいは取得予定が条件で家事援助が1000円前後、身体介護が1500円前後(いずれも東京都下の場合です。

話題になった介護と家事の複合型は1300円前後ですが、この金額はこの先の介護保険のあり方、所属先の種類によって、また働く地域によって多少異なってきます。

24時間巡回型の仕事については、昼間勤務以外は一晩いくらという計算をする企業もあり、その場合は大体1万円前後が基準になっています。

利用者先への交通費は、かかった実費を支払うところもあれば、一部を支給するところ、まつたく支払われないところと様々です。

特に市民グループなどの小さな団体の場合は、サービスの提供先も限られているので、自転車や徒歩での移動を原則としているところがほとんどとなります。

正規職員のホームヘルパーは月額で約15万円~25万円、常勤ヘルパーは月額で15万円~20万円といったところで、両者とも勤続年数やキャリア、取得資格などが当然考慮されます。

パート勤務の場合は勤続年数に応じて10円単位で時給アップはありますが、基本的に初心者もベテランも待遇は同じとなります。

ホームヘルパー 2級 通信講座

ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは、肉体的・精神的に日常生活を送るのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や身体の介護を行なうための公的資格で、『訪問介護員』という呼び名で呼ばれることもあります。

夫婦共働きの家庭や、核家族が当たり前になってきている今では、親との同居するということがなくなってきているため、高齢者夫婦、または高齢者の独居というケースも少なくありません。

こうした状況の中で、高齢者が寝たきりになってしまったり、認知症になってしまった時には、一人ではとても大変なことになってしまいます。 場合によっては、介護している側が肉体的・精神的に疲れてしまいダメになってしまいます。

家族みんなで介護を出来ればいいのかもしれませんが、若い夫婦の共働き、家族の核家族化などで現実的には不可能な場合が多いのです。 頑張って家族で介護を出来たとしても、計り知れないほどの大きな負担があるはずです。

このようなことを考えると、素人による介護ではなく、介護のプロ「ホームヘルパー」による介護というものが必要になってくるのです。

ホームヘルパー資格の種類

ホームヘルパーの資格には1級から3級まであります。ホームヘルパーとして働くにはこの資格が必要になります。一般的に最低限必要とされる資格は2級ですので皆さんも2級の取得から始めましょう。

ホームヘルパー資格には1級から3級までありますが、ここでは1級・2級を簡単に紹介します。

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー2級の上級資格で、 ホームヘルパー業務のより深い専門知識や技術に加え、事業所のヘルパーをとりまとめる主任ヘルパーなど中心的なヘルパーが取得する資格です。

【ホームヘルパー1級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→ヘルパー2級として介護実務経験を1年以上(180時間)の者

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で230時間の講習になります。

・講義 社会福祉関連制度とサービス、介護方法と技術などを学びます。

・実技 ケアマネジメント技術、技術指導と介護技術向上、困難事例対応術などを学びます。

・実習 痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、デイサービスセンター実習、チーム運営方式業務実習、在宅介護支援センター職員との同行訪問などを行います。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーになりたいと思ったら一般的に最低限必要とされる資格は2級です。ホームヘルパーを目指す方はも2級の取得から始めましょう。

【ホームヘルパー2級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→制限はありません。

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で130時間の講習になります。

・講義 福祉サービスの基本視点、社会福祉の制度とサービス、ホームヘルプサービスに関する知識などを学びます。

・実技 基本介護技術やケア計画の作成と記録・報告の技術等を学びます。

・実習 ホームヘルプサービス同行訪問や在宅サービス現場見学をします。

ホームヘルパーの仕事内容は、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問し、食事、排泄、入浴などの身体介護に関することや、調理、洗濯、掃除などの家事に関すること、また、生活、身上、介護に関する相談や助言などといった日常生活全般の援助を行います。

ホームヘルパー資格の必要性

介護に従事する者のレベルアップや地位向上のために、今後は介護従事者は「介護福祉士」資格を取得することが必須になると言われています。

制度移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありますが、ホームヘルパー有資格者には、研修受講時間の免除や受講方法などで優遇措置が取られるようです。

このことからわかるようにホームヘルパーの資格を持っている方には非常に有利に働くことになりそうです。まだホームヘルパー資格をお持ちでない方は早めに取得することをお勧めします。

これからの高齢化社会では、介護を必要とする者(要介護者)がますます増えると予想されます。そうなると、よりいっそう介護従事者の需要は高まります。

ホームヘルパー資格は養成学校での受講修了で資格の取得が出来ますので考えているより行動してみてはいかがでしょうか。(詳細については現在厚生労働省で検討中のため、上記内容に変更がある可能性があります。)

ホームヘルパーの主な仕事

ホームヘルパーの主な仕事には、
1.身体の介護に関すること
2.家事に関すること
3.相談・助言に関すること
の3つがあげられます。

ホームヘルパーはお手伝いさんではありません。ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする高齢者や身障者の方々(要介護者)に対して身体介護と家事援助などを行います。また、家族への介護技術の指導や精神面のケアなどもホームヘルパーにとって重要な仕事のひとつです。

しかし、ホームヘルパーのことをよく知らない人は、ようは「お手伝いさん」と思ってしまうケースがあるようです。でも、ホームヘルパーとお手伝いさんでは大きな違いがあることを知っておいてください。

ホームヘルパーは要介護者の方たちの自立のお手伝いをするのです。ただお手伝いをするだけではないのです。要介護者がどうすれば「自分らしさ」を取り戻せるか、介護を通じてお手伝いするのです。

これからホームヘルパーになろうと考えているならば単なるお手伝いではないということを覚えておいてください。そうすれば、きっとすばらしいホームヘルパーになれることでしょう。

ホームヘルパーは、家事に関する以下のことを行います。

・調理
・住居等の掃除、整理整頓
・その他必要な家事

ホームヘルパーの主は、相談・助言に関する以下のことを行います。

・各種援護制度の適用についての相談、助言指導
・生活、身上、介護に関する相談、助言指導
・その他必要な相談、助言指導

ホームヘルパーの待遇

現在、ホームヘルプ事業の大部分はパート勤務者に頼っており、収入の面を見ても、時間給で働いている人が多いのが現状です。

この場合の時間給とは、例えば午前中に2時間、午後から3時間就労した場合、合計5時間分のみの報酬が支払われるということで、利用者宅へ移動する時間や報告書を作成する時間は対象外になります。

確かに時間的に見れば細切れの労働ですが、何だかんだと結局は1日拘束されてしまう場合も多く、他の仕事に比べると収入の面では決して良い条件とはいえないようです。

しかし、仕事の内容から考えると中高年者が十分に力を発揮できる場面が多く、現実にパートヘルパー求人の記事では年齢が20歳ぐらいから55歳ぐらいまでが募集の対象となります。

気になる時間給については、ホームヘルパー(訪問介護員)2級以上取得、あるいは取得予定が条件で家事援助が1000円前後、身体介護が1500円前後(いずれも東京都下の場合です。

話題になった介護と家事の複合型は1300円前後ですが、この金額はこの先の介護保険のあり方、所属先の種類によって、また働く地域によって多少異なってきます。

24時間巡回型の仕事については、昼間勤務以外は一晩いくらという計算をする企業もあり、その場合は大体1万円前後が基準になっています。

利用者先への交通費は、かかった実費を支払うところもあれば、一部を支給するところ、まつたく支払われないところと様々です。

特に市民グループなどの小さな団体の場合は、サービスの提供先も限られているので、自転車や徒歩での移動を原則としているところがほとんどとなります。

正規職員のホームヘルパーは月額で約15万円~25万円、常勤ヘルパーは月額で15万円~20万円といったところで、両者とも勤続年数やキャリア、取得資格などが当然考慮されます。

パート勤務の場合は勤続年数に応じて10円単位で時給アップはありますが、基本的に初心者もベテランも待遇は同じとなります。

ホームヘルパー 通信講座

ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは、肉体的・精神的に日常生活を送るのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や身体の介護を行なうための公的資格で、『訪問介護員』という呼び名で呼ばれることもあります。

夫婦共働きの家庭や、核家族が当たり前になってきている今では、親との同居するということがなくなってきているため、高齢者夫婦、または高齢者の独居というケースも少なくありません。

こうした状況の中で、高齢者が寝たきりになってしまったり、認知症になってしまった時には、一人ではとても大変なことになってしまいます。 場合によっては、介護している側が肉体的・精神的に疲れてしまいダメになってしまいます。

家族みんなで介護を出来ればいいのかもしれませんが、若い夫婦の共働き、家族の核家族化などで現実的には不可能な場合が多いのです。 頑張って家族で介護を出来たとしても、計り知れないほどの大きな負担があるはずです。

このようなことを考えると、素人による介護ではなく、介護のプロ「ホームヘルパー」による介護というものが必要になってくるのです。

ホームヘルパー資格の種類

ホームヘルパーの資格には1級から3級まであります。ホームヘルパーとして働くにはこの資格が必要になります。一般的に最低限必要とされる資格は2級ですので皆さんも2級の取得から始めましょう。

ホームヘルパー資格には1級から3級までありますが、ここでは1級・2級を簡単に紹介します。

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー2級の上級資格で、 ホームヘルパー業務のより深い専門知識や技術に加え、事業所のヘルパーをとりまとめる主任ヘルパーなど中心的なヘルパーが取得する資格です。

【ホームヘルパー1級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→ヘルパー2級として介護実務経験を1年以上(180時間)の者

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で230時間の講習になります。

・講義 社会福祉関連制度とサービス、介護方法と技術などを学びます。

・実技 ケアマネジメント技術、技術指導と介護技術向上、困難事例対応術などを学びます。

・実習 痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、デイサービスセンター実習、チーム運営方式業務実習、在宅介護支援センター職員との同行訪問などを行います。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーになりたいと思ったら一般的に最低限必要とされる資格は2級です。ホームヘルパーを目指す方はも2級の取得から始めましょう。

【ホームヘルパー2級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→制限はありません。

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で130時間の講習になります。

・講義 福祉サービスの基本視点、社会福祉の制度とサービス、ホームヘルプサービスに関する知識などを学びます。

・実技 基本介護技術やケア計画の作成と記録・報告の技術等を学びます。

・実習 ホームヘルプサービス同行訪問や在宅サービス現場見学をします。

ホームヘルパーの仕事内容は、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問し、食事、排泄、入浴などの身体介護に関することや、調理、洗濯、掃除などの家事に関すること、また、生活、身上、介護に関する相談や助言などといった日常生活全般の援助を行います。

ホームヘルパー資格の必要性

介護に従事する者のレベルアップや地位向上のために、今後は介護従事者は「介護福祉士」資格を取得することが必須になると言われています。

制度移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありますが、ホームヘルパー有資格者には、研修受講時間の免除や受講方法などで優遇措置が取られるようです。

このことからわかるようにホームヘルパーの資格を持っている方には非常に有利に働くことになりそうです。まだホームヘルパー資格をお持ちでない方は早めに取得することをお勧めします。

これからの高齢化社会では、介護を必要とする者(要介護者)がますます増えると予想されます。そうなると、よりいっそう介護従事者の需要は高まります。

ホームヘルパー資格は養成学校での受講修了で資格の取得が出来ますので考えているより行動してみてはいかがでしょうか。(詳細については現在厚生労働省で検討中のため、上記内容に変更がある可能性があります。)

ホームヘルパーの主な仕事

ホームヘルパーの主な仕事には、
1.身体の介護に関すること
2.家事に関すること
3.相談・助言に関すること
の3つがあげられます。

ホームヘルパーはお手伝いさんではありません。ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする高齢者や身障者の方々(要介護者)に対して身体介護と家事援助などを行います。また、家族への介護技術の指導や精神面のケアなどもホームヘルパーにとって重要な仕事のひとつです。

しかし、ホームヘルパーのことをよく知らない人は、ようは「お手伝いさん」と思ってしまうケースがあるようです。でも、ホームヘルパーとお手伝いさんでは大きな違いがあることを知っておいてください。

ホームヘルパーは要介護者の方たちの自立のお手伝いをするのです。ただお手伝いをするだけではないのです。要介護者がどうすれば「自分らしさ」を取り戻せるか、介護を通じてお手伝いするのです。

これからホームヘルパーになろうと考えているならば単なるお手伝いではないということを覚えておいてください。そうすれば、きっとすばらしいホームヘルパーになれることでしょう。

ホームヘルパーは、家事に関する以下のことを行います。

・調理
・住居等の掃除、整理整頓
・その他必要な家事

ホームヘルパーの主は、相談・助言に関する以下のことを行います。

・各種援護制度の適用についての相談、助言指導
・生活、身上、介護に関する相談、助言指導
・その他必要な相談、助言指導

ホームヘルパーの待遇

現在、ホームヘルプ事業の大部分はパート勤務者に頼っており、収入の面を見ても、時間給で働いている人が多いのが現状です。

この場合の時間給とは、例えば午前中に2時間、午後から3時間就労した場合、合計5時間分のみの報酬が支払われるということで、利用者宅へ移動する時間や報告書を作成する時間は対象外になります。

確かに時間的に見れば細切れの労働ですが、何だかんだと結局は1日拘束されてしまう場合も多く、他の仕事に比べると収入の面では決して良い条件とはいえないようです。

しかし、仕事の内容から考えると中高年者が十分に力を発揮できる場面が多く、現実にパートヘルパー求人の記事では年齢が20歳ぐらいから55歳ぐらいまでが募集の対象となります。

気になる時間給については、ホームヘルパー(訪問介護員)2級以上取得、あるいは取得予定が条件で家事援助が1000円前後、身体介護が1500円前後(いずれも東京都下の場合です。

話題になった介護と家事の複合型は1300円前後ですが、この金額はこの先の介護保険のあり方、所属先の種類によって、また働く地域によって多少異なってきます。

24時間巡回型の仕事については、昼間勤務以外は一晩いくらという計算をする企業もあり、その場合は大体1万円前後が基準になっています。

利用者先への交通費は、かかった実費を支払うところもあれば、一部を支給するところ、まつたく支払われないところと様々です。

特に市民グループなどの小さな団体の場合は、サービスの提供先も限られているので、自転車や徒歩での移動を原則としているところがほとんどとなります。

正規職員のホームヘルパーは月額で約15万円~25万円、常勤ヘルパーは月額で15万円~20万円といったところで、両者とも勤続年数やキャリア、取得資格などが当然考慮されます。

パート勤務の場合は勤続年数に応じて10円単位で時給アップはありますが、基本的に初心者もベテランも待遇は同じとなります。

ホーム ヘルパー 養成 講座

ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは、肉体的・精神的に日常生活を送るのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や身体の介護を行なうための公的資格で、『訪問介護員』という呼び名で呼ばれることもあります。

夫婦共働きの家庭や、核家族が当たり前になってきている今では、親との同居するということがなくなってきているため、高齢者夫婦、または高齢者の独居というケースも少なくありません。

こうした状況の中で、高齢者が寝たきりになってしまったり、認知症になってしまった時には、一人ではとても大変なことになってしまいます。 場合によっては、介護している側が肉体的・精神的に疲れてしまいダメになってしまいます。

家族みんなで介護を出来ればいいのかもしれませんが、若い夫婦の共働き、家族の核家族化などで現実的には不可能な場合が多いのです。 頑張って家族で介護を出来たとしても、計り知れないほどの大きな負担があるはずです。

このようなことを考えると、素人による介護ではなく、介護のプロ「ホームヘルパー」による介護というものが必要になってくるのです。

ホームヘルパー資格の種類

ホームヘルパーの資格には1級から3級まであります。ホームヘルパーとして働くにはこの資格が必要になります。一般的に最低限必要とされる資格は2級ですので皆さんも2級の取得から始めましょう。

ホームヘルパー資格には1級から3級までありますが、ここでは1級・2級を簡単に紹介します。

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー2級の上級資格で、 ホームヘルパー業務のより深い専門知識や技術に加え、事業所のヘルパーをとりまとめる主任ヘルパーなど中心的なヘルパーが取得する資格です。

【ホームヘルパー1級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→ヘルパー2級として介護実務経験を1年以上(180時間)の者

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で230時間の講習になります。

・講義 社会福祉関連制度とサービス、介護方法と技術などを学びます。

・実技 ケアマネジメント技術、技術指導と介護技術向上、困難事例対応術などを学びます。

・実習 痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、デイサービスセンター実習、チーム運営方式業務実習、在宅介護支援センター職員との同行訪問などを行います。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーになりたいと思ったら一般的に最低限必要とされる資格は2級です。ホームヘルパーを目指す方はも2級の取得から始めましょう。

【ホームヘルパー2級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→制限はありません。

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で130時間の講習になります。

・講義 福祉サービスの基本視点、社会福祉の制度とサービス、ホームヘルプサービスに関する知識などを学びます。

・実技 基本介護技術やケア計画の作成と記録・報告の技術等を学びます。

・実習 ホームヘルプサービス同行訪問や在宅サービス現場見学をします。

ホームヘルパーの仕事内容は、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問し、食事、排泄、入浴などの身体介護に関することや、調理、洗濯、掃除などの家事に関すること、また、生活、身上、介護に関する相談や助言などといった日常生活全般の援助を行います。

ホームヘルパー資格の必要性

介護に従事する者のレベルアップや地位向上のために、今後は介護従事者は「介護福祉士」資格を取得することが必須になると言われています。

制度移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありますが、ホームヘルパー有資格者には、研修受講時間の免除や受講方法などで優遇措置が取られるようです。

このことからわかるようにホームヘルパーの資格を持っている方には非常に有利に働くことになりそうです。まだホームヘルパー資格をお持ちでない方は早めに取得することをお勧めします。

これからの高齢化社会では、介護を必要とする者(要介護者)がますます増えると予想されます。そうなると、よりいっそう介護従事者の需要は高まります。

ホームヘルパー資格は養成学校での受講修了で資格の取得が出来ますので考えているより行動してみてはいかがでしょうか。(詳細については現在厚生労働省で検討中のため、上記内容に変更がある可能性があります。)

ホームヘルパーの主な仕事

ホームヘルパーの主な仕事には、
1.身体の介護に関すること
2.家事に関すること
3.相談・助言に関すること
の3つがあげられます。

ホームヘルパーはお手伝いさんではありません。ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする高齢者や身障者の方々(要介護者)に対して身体介護と家事援助などを行います。また、家族への介護技術の指導や精神面のケアなどもホームヘルパーにとって重要な仕事のひとつです。

しかし、ホームヘルパーのことをよく知らない人は、ようは「お手伝いさん」と思ってしまうケースがあるようです。でも、ホームヘルパーとお手伝いさんでは大きな違いがあることを知っておいてください。

ホームヘルパーは要介護者の方たちの自立のお手伝いをするのです。ただお手伝いをするだけではないのです。要介護者がどうすれば「自分らしさ」を取り戻せるか、介護を通じてお手伝いするのです。

これからホームヘルパーになろうと考えているならば単なるお手伝いではないということを覚えておいてください。そうすれば、きっとすばらしいホームヘルパーになれることでしょう。

ホームヘルパーは、家事に関する以下のことを行います。

・調理
・住居等の掃除、整理整頓
・その他必要な家事

ホームヘルパーの主は、相談・助言に関する以下のことを行います。

・各種援護制度の適用についての相談、助言指導
・生活、身上、介護に関する相談、助言指導
・その他必要な相談、助言指導

ホームヘルパーの待遇

現在、ホームヘルプ事業の大部分はパート勤務者に頼っており、収入の面を見ても、時間給で働いている人が多いのが現状です。

この場合の時間給とは、例えば午前中に2時間、午後から3時間就労した場合、合計5時間分のみの報酬が支払われるということで、利用者宅へ移動する時間や報告書を作成する時間は対象外になります。

確かに時間的に見れば細切れの労働ですが、何だかんだと結局は1日拘束されてしまう場合も多く、他の仕事に比べると収入の面では決して良い条件とはいえないようです。

しかし、仕事の内容から考えると中高年者が十分に力を発揮できる場面が多く、現実にパートヘルパー求人の記事では年齢が20歳ぐらいから55歳ぐらいまでが募集の対象となります。

気になる時間給については、ホームヘルパー(訪問介護員)2級以上取得、あるいは取得予定が条件で家事援助が1000円前後、身体介護が1500円前後(いずれも東京都下の場合です。

話題になった介護と家事の複合型は1300円前後ですが、この金額はこの先の介護保険のあり方、所属先の種類によって、また働く地域によって多少異なってきます。

24時間巡回型の仕事については、昼間勤務以外は一晩いくらという計算をする企業もあり、その場合は大体1万円前後が基準になっています。

利用者先への交通費は、かかった実費を支払うところもあれば、一部を支給するところ、まつたく支払われないところと様々です。

特に市民グループなどの小さな団体の場合は、サービスの提供先も限られているので、自転車や徒歩での移動を原則としているところがほとんどとなります。

正規職員のホームヘルパーは月額で約15万円~25万円、常勤ヘルパーは月額で15万円~20万円といったところで、両者とも勤続年数やキャリア、取得資格などが当然考慮されます。

パート勤務の場合は勤続年数に応じて10円単位で時給アップはありますが、基本的に初心者もベテランも待遇は同じとなります。

ホームヘルパー 資格 取得 講座

ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは、肉体的・精神的に日常生活を送るのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や身体の介護を行なうための公的資格で、『訪問介護員』という呼び名で呼ばれることもあります。

夫婦共働きの家庭や、核家族が当たり前になってきている今では、親との同居するということがなくなってきているため、高齢者夫婦、または高齢者の独居というケースも少なくありません。

こうした状況の中で、高齢者が寝たきりになってしまったり、認知症になってしまった時には、一人ではとても大変なことになってしまいます。 場合によっては、介護している側が肉体的・精神的に疲れてしまいダメになってしまいます。

家族みんなで介護を出来ればいいのかもしれませんが、若い夫婦の共働き、家族の核家族化などで現実的には不可能な場合が多いのです。 頑張って家族で介護を出来たとしても、計り知れないほどの大きな負担があるはずです。

このようなことを考えると、素人による介護ではなく、介護のプロ「ホームヘルパー」による介護というものが必要になってくるのです。

ホームヘルパー資格の種類

ホームヘルパーの資格には1級から3級まであります。ホームヘルパーとして働くにはこの資格が必要になります。一般的に最低限必要とされる資格は2級ですので皆さんも2級の取得から始めましょう。

ホームヘルパー資格には1級から3級までありますが、ここでは1級・2級を簡単に紹介します。

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー2級の上級資格で、 ホームヘルパー業務のより深い専門知識や技術に加え、事業所のヘルパーをとりまとめる主任ヘルパーなど中心的なヘルパーが取得する資格です。

【ホームヘルパー1級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→ヘルパー2級として介護実務経験を1年以上(180時間)の者

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で230時間の講習になります。

・講義 社会福祉関連制度とサービス、介護方法と技術などを学びます。

・実技 ケアマネジメント技術、技術指導と介護技術向上、困難事例対応術などを学びます。

・実習 痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、デイサービスセンター実習、チーム運営方式業務実習、在宅介護支援センター職員との同行訪問などを行います。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーになりたいと思ったら一般的に最低限必要とされる資格は2級です。ホームヘルパーを目指す方はも2級の取得から始めましょう。

【ホームヘルパー2級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→制限はありません。

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で130時間の講習になります。

・講義 福祉サービスの基本視点、社会福祉の制度とサービス、ホームヘルプサービスに関する知識などを学びます。

・実技 基本介護技術やケア計画の作成と記録・報告の技術等を学びます。

・実習 ホームヘルプサービス同行訪問や在宅サービス現場見学をします。

ホームヘルパーの仕事内容は、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問し、食事、排泄、入浴などの身体介護に関することや、調理、洗濯、掃除などの家事に関すること、また、生活、身上、介護に関する相談や助言などといった日常生活全般の援助を行います。

ホームヘルパー資格の必要性

介護に従事する者のレベルアップや地位向上のために、今後は介護従事者は「介護福祉士」資格を取得することが必須になると言われています。

制度移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありますが、ホームヘルパー有資格者には、研修受講時間の免除や受講方法などで優遇措置が取られるようです。

このことからわかるようにホームヘルパーの資格を持っている方には非常に有利に働くことになりそうです。まだホームヘルパー資格をお持ちでない方は早めに取得することをお勧めします。

これからの高齢化社会では、介護を必要とする者(要介護者)がますます増えると予想されます。そうなると、よりいっそう介護従事者の需要は高まります。

ホームヘルパー資格は養成学校での受講修了で資格の取得が出来ますので考えているより行動してみてはいかがでしょうか。(詳細については現在厚生労働省で検討中のため、上記内容に変更がある可能性があります。)

ホームヘルパーの主な仕事

ホームヘルパーの主な仕事には、
1.身体の介護に関すること
2.家事に関すること
3.相談・助言に関すること
の3つがあげられます。

ホームヘルパーはお手伝いさんではありません。ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする高齢者や身障者の方々(要介護者)に対して身体介護と家事援助などを行います。また、家族への介護技術の指導や精神面のケアなどもホームヘルパーにとって重要な仕事のひとつです。

しかし、ホームヘルパーのことをよく知らない人は、ようは「お手伝いさん」と思ってしまうケースがあるようです。でも、ホームヘルパーとお手伝いさんでは大きな違いがあることを知っておいてください。

ホームヘルパーは要介護者の方たちの自立のお手伝いをするのです。ただお手伝いをするだけではないのです。要介護者がどうすれば「自分らしさ」を取り戻せるか、介護を通じてお手伝いするのです。

これからホームヘルパーになろうと考えているならば単なるお手伝いではないということを覚えておいてください。そうすれば、きっとすばらしいホームヘルパーになれることでしょう。

ホームヘルパーは、家事に関する以下のことを行います。

・調理
・住居等の掃除、整理整頓
・その他必要な家事

ホームヘルパーの主は、相談・助言に関する以下のことを行います。

・各種援護制度の適用についての相談、助言指導
・生活、身上、介護に関する相談、助言指導
・その他必要な相談、助言指導

ホームヘルパーの待遇

現在、ホームヘルプ事業の大部分はパート勤務者に頼っており、収入の面を見ても、時間給で働いている人が多いのが現状です。

この場合の時間給とは、例えば午前中に2時間、午後から3時間就労した場合、合計5時間分のみの報酬が支払われるということで、利用者宅へ移動する時間や報告書を作成する時間は対象外になります。

確かに時間的に見れば細切れの労働ですが、何だかんだと結局は1日拘束されてしまう場合も多く、他の仕事に比べると収入の面では決して良い条件とはいえないようです。

しかし、仕事の内容から考えると中高年者が十分に力を発揮できる場面が多く、現実にパートヘルパー求人の記事では年齢が20歳ぐらいから55歳ぐらいまでが募集の対象となります。

気になる時間給については、ホームヘルパー(訪問介護員)2級以上取得、あるいは取得予定が条件で家事援助が1000円前後、身体介護が1500円前後(いずれも東京都下の場合です。

話題になった介護と家事の複合型は1300円前後ですが、この金額はこの先の介護保険のあり方、所属先の種類によって、また働く地域によって多少異なってきます。

24時間巡回型の仕事については、昼間勤務以外は一晩いくらという計算をする企業もあり、その場合は大体1万円前後が基準になっています。

利用者先への交通費は、かかった実費を支払うところもあれば、一部を支給するところ、まつたく支払われないところと様々です。

特に市民グループなどの小さな団体の場合は、サービスの提供先も限られているので、自転車や徒歩での移動を原則としているところがほとんどとなります。

正規職員のホームヘルパーは月額で約15万円~25万円、常勤ヘルパーは月額で15万円~20万円といったところで、両者とも勤続年数やキャリア、取得資格などが当然考慮されます。

パート勤務の場合は勤続年数に応じて10円単位で時給アップはありますが、基本的に初心者もベテランも待遇は同じとなります。

ホームヘルパー 2級 取得

ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは、肉体的・精神的に日常生活を送るのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や身体の介護を行なうための公的資格で、『訪問介護員』という呼び名で呼ばれることもあります。

夫婦共働きの家庭や、核家族が当たり前になってきている今では、親との同居するということがなくなってきているため、高齢者夫婦、または高齢者の独居というケースも少なくありません。

こうした状況の中で、高齢者が寝たきりになってしまったり、認知症になってしまった時には、一人ではとても大変なことになってしまいます。 場合によっては、介護している側が肉体的・精神的に疲れてしまいダメになってしまいます。

家族みんなで介護を出来ればいいのかもしれませんが、若い夫婦の共働き、家族の核家族化などで現実的には不可能な場合が多いのです。 頑張って家族で介護を出来たとしても、計り知れないほどの大きな負担があるはずです。

このようなことを考えると、素人による介護ではなく、介護のプロ「ホームヘルパー」による介護というものが必要になってくるのです。

ホームヘルパー資格の種類

ホームヘルパーの資格には1級から3級まであります。ホームヘルパーとして働くにはこの資格が必要になります。一般的に最低限必要とされる資格は2級ですので皆さんも2級の取得から始めましょう。

ホームヘルパー資格には1級から3級までありますが、ここでは1級・2級を簡単に紹介します。

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー2級の上級資格で、 ホームヘルパー業務のより深い専門知識や技術に加え、事業所のヘルパーをとりまとめる主任ヘルパーなど中心的なヘルパーが取得する資格です。

【ホームヘルパー1級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→ヘルパー2級として介護実務経験を1年以上(180時間)の者

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で230時間の講習になります。

・講義 社会福祉関連制度とサービス、介護方法と技術などを学びます。

・実技 ケアマネジメント技術、技術指導と介護技術向上、困難事例対応術などを学びます。

・実習 痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、デイサービスセンター実習、チーム運営方式業務実習、在宅介護支援センター職員との同行訪問などを行います。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーになりたいと思ったら一般的に最低限必要とされる資格は2級です。ホームヘルパーを目指す方はも2級の取得から始めましょう。

【ホームヘルパー2級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→制限はありません。

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で130時間の講習になります。

・講義 福祉サービスの基本視点、社会福祉の制度とサービス、ホームヘルプサービスに関する知識などを学びます。

・実技 基本介護技術やケア計画の作成と記録・報告の技術等を学びます。

・実習 ホームヘルプサービス同行訪問や在宅サービス現場見学をします。

ホームヘルパーの仕事内容は、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問し、食事、排泄、入浴などの身体介護に関することや、調理、洗濯、掃除などの家事に関すること、また、生活、身上、介護に関する相談や助言などといった日常生活全般の援助を行います。

ホームヘルパー資格の必要性

介護に従事する者のレベルアップや地位向上のために、今後は介護従事者は「介護福祉士」資格を取得することが必須になると言われています。

制度移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありますが、ホームヘルパー有資格者には、研修受講時間の免除や受講方法などで優遇措置が取られるようです。

このことからわかるようにホームヘルパーの資格を持っている方には非常に有利に働くことになりそうです。まだホームヘルパー資格をお持ちでない方は早めに取得することをお勧めします。

これからの高齢化社会では、介護を必要とする者(要介護者)がますます増えると予想されます。そうなると、よりいっそう介護従事者の需要は高まります。

ホームヘルパー資格は養成学校での受講修了で資格の取得が出来ますので考えているより行動してみてはいかがでしょうか。(詳細については現在厚生労働省で検討中のため、上記内容に変更がある可能性があります。)

ホームヘルパーの主な仕事

ホームヘルパーの主な仕事には、
1.身体の介護に関すること
2.家事に関すること
3.相談・助言に関すること
の3つがあげられます。

ホームヘルパーはお手伝いさんではありません。ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする高齢者や身障者の方々(要介護者)に対して身体介護と家事援助などを行います。また、家族への介護技術の指導や精神面のケアなどもホームヘルパーにとって重要な仕事のひとつです。

しかし、ホームヘルパーのことをよく知らない人は、ようは「お手伝いさん」と思ってしまうケースがあるようです。でも、ホームヘルパーとお手伝いさんでは大きな違いがあることを知っておいてください。

ホームヘルパーは要介護者の方たちの自立のお手伝いをするのです。ただお手伝いをするだけではないのです。要介護者がどうすれば「自分らしさ」を取り戻せるか、介護を通じてお手伝いするのです。

これからホームヘルパーになろうと考えているならば単なるお手伝いではないということを覚えておいてください。そうすれば、きっとすばらしいホームヘルパーになれることでしょう。

ホームヘルパーは、家事に関する以下のことを行います。

・調理
・住居等の掃除、整理整頓
・その他必要な家事

ホームヘルパーの主は、相談・助言に関する以下のことを行います。

・各種援護制度の適用についての相談、助言指導
・生活、身上、介護に関する相談、助言指導
・その他必要な相談、助言指導

ホームヘルパーの待遇

現在、ホームヘルプ事業の大部分はパート勤務者に頼っており、収入の面を見ても、時間給で働いている人が多いのが現状です。

この場合の時間給とは、例えば午前中に2時間、午後から3時間就労した場合、合計5時間分のみの報酬が支払われるということで、利用者宅へ移動する時間や報告書を作成する時間は対象外になります。

確かに時間的に見れば細切れの労働ですが、何だかんだと結局は1日拘束されてしまう場合も多く、他の仕事に比べると収入の面では決して良い条件とはいえないようです。

しかし、仕事の内容から考えると中高年者が十分に力を発揮できる場面が多く、現実にパートヘルパー求人の記事では年齢が20歳ぐらいから55歳ぐらいまでが募集の対象となります。

気になる時間給については、ホームヘルパー(訪問介護員)2級以上取得、あるいは取得予定が条件で家事援助が1000円前後、身体介護が1500円前後(いずれも東京都下の場合です。

話題になった介護と家事の複合型は1300円前後ですが、この金額はこの先の介護保険のあり方、所属先の種類によって、また働く地域によって多少異なってきます。

24時間巡回型の仕事については、昼間勤務以外は一晩いくらという計算をする企業もあり、その場合は大体1万円前後が基準になっています。

利用者先への交通費は、かかった実費を支払うところもあれば、一部を支給するところ、まつたく支払われないところと様々です。

特に市民グループなどの小さな団体の場合は、サービスの提供先も限られているので、自転車や徒歩での移動を原則としているところがほとんどとなります。

正規職員のホームヘルパーは月額で約15万円~25万円、常勤ヘルパーは月額で15万円~20万円といったところで、両者とも勤続年数やキャリア、取得資格などが当然考慮されます。

パート勤務の場合は勤続年数に応じて10円単位で時給アップはありますが、基本的に初心者もベテランも待遇は同じとなります。

ホームヘルパー 資格取得

ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

介護業界への就職を始める場合、まず資格を取得することが必要です。介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと言えるでしょう。介護の資格情報サイト「シカトル」には、講座情報や資格ガイド、一括資料請求まで、個人のスキルアップ、キャリアアップの為のお役立ち情報満載! 全く初めての人でも大丈夫!仕事をしながら資格取得ということも可能!
ホームヘルパーの講座案内を無料一括請求

ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!

全国のスクール情報満載!簡単操作で一覧比較、【無料】で講座の一括資料請求。介護の資格専門サイトだから情報量が豊富!資格ガイドで資格の取り方や将来性をチェック!全国のスクール情報(通信・通学)を簡単操作で検索して一覧比較!気になる講座はまとめて一括資料請求!サービスは全て無料!
ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

ホームヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの就職ならカイゴジョブ

カイゴジョブは、介護の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイトです。ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー) 、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務などの介護の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで簡単に検索、応募することができます。掲載している求人情報は介護の仕事に特化しているため、介護業界への就職や転職をお考えの方々、いますぐの就職でなくても介護の業界に興味のある方はぜひお仕事検索をご活用下さい。
介護の求人情報17,000件。カイゴジョブ

ホームヘルパー、他介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

介護業界専門の転職支援サイト。全国の人材紹介会社があなたのお仕事探しを無料サポート。介護の転職専門サイトだから情報量が豊富!職種別転職ガイドで転職の方向性や将来性をチェック! 全国の人材紹介会社を簡単操作で検索・一覧比較!条件に合った人材紹介会社に無料一括エントリー!
介護のお仕事探しや転職はケア転職ナビで!

ホームヘルパーとは

ホームヘルパーとは、肉体的・精神的に日常生活を送るのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、日常生活の家事や身体の介護を行なうための公的資格で、『訪問介護員』という呼び名で呼ばれることもあります。

夫婦共働きの家庭や、核家族が当たり前になってきている今では、親との同居するということがなくなってきているため、高齢者夫婦、または高齢者の独居というケースも少なくありません。

こうした状況の中で、高齢者が寝たきりになってしまったり、認知症になってしまった時には、一人ではとても大変なことになってしまいます。 場合によっては、介護している側が肉体的・精神的に疲れてしまいダメになってしまいます。

家族みんなで介護を出来ればいいのかもしれませんが、若い夫婦の共働き、家族の核家族化などで現実的には不可能な場合が多いのです。 頑張って家族で介護を出来たとしても、計り知れないほどの大きな負担があるはずです。

このようなことを考えると、素人による介護ではなく、介護のプロ「ホームヘルパー」による介護というものが必要になってくるのです。

ホームヘルパー資格の種類

ホームヘルパーの資格には1級から3級まであります。ホームヘルパーとして働くにはこの資格が必要になります。一般的に最低限必要とされる資格は2級ですので皆さんも2級の取得から始めましょう。

ホームヘルパー資格には1級から3級までありますが、ここでは1級・2級を簡単に紹介します。

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー2級の上級資格で、 ホームヘルパー業務のより深い専門知識や技術に加え、事業所のヘルパーをとりまとめる主任ヘルパーなど中心的なヘルパーが取得する資格です。

【ホームヘルパー1級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→ヘルパー2級として介護実務経験を1年以上(180時間)の者

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で230時間の講習になります。

・講義 社会福祉関連制度とサービス、介護方法と技術などを学びます。

・実技 ケアマネジメント技術、技術指導と介護技術向上、困難事例対応術などを学びます。

・実習 痴呆性高齢者等処遇困難事例対応実習、デイサービスセンター実習、チーム運営方式業務実習、在宅介護支援センター職員との同行訪問などを行います。

ホームヘルパー2級

ホームヘルパーになりたいと思ったら一般的に最低限必要とされる資格は2級です。ホームヘルパーを目指す方はも2級の取得から始めましょう。

【ホームヘルパー2級の概要】

●資格の種類→公的資格。

●受験資格→制限はありません。

●受講内容→学習内容は、講義・実技・実習となっており、以下のような内容で130時間の講習になります。

・講義 福祉サービスの基本視点、社会福祉の制度とサービス、ホームヘルプサービスに関する知識などを学びます。

・実技 基本介護技術やケア計画の作成と記録・報告の技術等を学びます。

・実習 ホームヘルプサービス同行訪問や在宅サービス現場見学をします。

ホームヘルパーの仕事内容は、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問し、食事、排泄、入浴などの身体介護に関することや、調理、洗濯、掃除などの家事に関すること、また、生活、身上、介護に関する相談や助言などといった日常生活全般の援助を行います。

ホームヘルパー資格の必要性

介護に従事する者のレベルアップや地位向上のために、今後は介護従事者は「介護福祉士」資格を取得することが必須になると言われています。

制度移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありますが、ホームヘルパー有資格者には、研修受講時間の免除や受講方法などで優遇措置が取られるようです。

このことからわかるようにホームヘルパーの資格を持っている方には非常に有利に働くことになりそうです。まだホームヘルパー資格をお持ちでない方は早めに取得することをお勧めします。

これからの高齢化社会では、介護を必要とする者(要介護者)がますます増えると予想されます。そうなると、よりいっそう介護従事者の需要は高まります。

ホームヘルパー資格は養成学校での受講修了で資格の取得が出来ますので考えているより行動してみてはいかがでしょうか。(詳細については現在厚生労働省で検討中のため、上記内容に変更がある可能性があります。)

ホームヘルパーの主な仕事

ホームヘルパーの主な仕事には、
1.身体の介護に関すること
2.家事に関すること
3.相談・助言に関すること
の3つがあげられます。

ホームヘルパーはお手伝いさんではありません。ホームヘルパーの仕事は介護を必要とする高齢者や身障者の方々(要介護者)に対して身体介護と家事援助などを行います。また、家族への介護技術の指導や精神面のケアなどもホームヘルパーにとって重要な仕事のひとつです。

しかし、ホームヘルパーのことをよく知らない人は、ようは「お手伝いさん」と思ってしまうケースがあるようです。でも、ホームヘルパーとお手伝いさんでは大きな違いがあることを知っておいてください。

ホームヘルパーは要介護者の方たちの自立のお手伝いをするのです。ただお手伝いをするだけではないのです。要介護者がどうすれば「自分らしさ」を取り戻せるか、介護を通じてお手伝いするのです。

これからホームヘルパーになろうと考えているならば単なるお手伝いではないということを覚えておいてください。そうすれば、きっとすばらしいホームヘルパーになれることでしょう。

ホームヘルパーは、家事に関する以下のことを行います。

・調理
・住居等の掃除、整理整頓
・その他必要な家事

ホームヘルパーの主は、相談・助言に関する以下のことを行います。

・各種援護制度の適用についての相談、助言指導
・生活、身上、介護に関する相談、助言指導
・その他必要な相談、助言指導

ホームヘルパーの待遇

現在、ホームヘルプ事業の大部分はパート勤務者に頼っており、収入の面を見ても、時間給で働いている人が多いのが現状です。

この場合の時間給とは、例えば午前中に2時間、午後から3時間就労した場合、合計5時間分のみの報酬が支払われるということで、利用者宅へ移動する時間や報告書を作成する時間は対象外になります。

確かに時間的に見れば細切れの労働ですが、何だかんだと結局は1日拘束されてしまう場合も多く、他の仕事に比べると収入の面では決して良い条件とはいえないようです。

しかし、仕事の内容から考えると中高年者が十分に力を発揮できる場面が多く、現実にパートヘルパー求人の記事では年齢が20歳ぐらいから55歳ぐらいまでが募集の対象となります。

気になる時間給については、ホームヘルパー(訪問介護員)2級以上取得、あるいは取得予定が条件で家事援助が1000円前後、身体介護が1500円前後(いずれも東京都下の場合です。

話題になった介護と家事の複合型は1300円前後ですが、この金額はこの先の介護保険のあり方、所属先の種類によって、また働く地域によって多少異なってきます。

24時間巡回型の仕事については、昼間勤務以外は一晩いくらという計算をする企業もあり、その場合は大体1万円前後が基準になっています。

利用者先への交通費は、かかった実費を支払うところもあれば、一部を支給するところ、まつたく支払われないところと様々です。

特に市民グループなどの小さな団体の場合は、サービスの提供先も限られているので、自転車や徒歩での移動を原則としているところがほとんどとなります。

正規職員のホームヘルパーは月額で約15万円~25万円、常勤ヘルパーは月額で15万円~20万円といったところで、両者とも勤続年数やキャリア、取得資格などが当然考慮されます。

パート勤務の場合は勤続年数に応じて10円単位で時給アップはありますが、基本的に初心者もベテランも待遇は同じとなります。